ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)9月プレスリリース資料 > 御嶽山で登山者動向把握に関する実証実験「御嶽山チャレンジ2022」及び登山者参加型避難訓練を実施します

ここから本文です。

更新日:2022年9月9日

御嶽山で登山者動向把握に関する実証実験「御嶽山チャレンジ2022」及び登山者参加型避難訓練を実施します

長野県(危機管理部)プレスリリース令和4年(2022年)9月9日

登山者動向把握に関する実証実験「御嶽山チャレンジ2022」及び登山者参加型避難訓練を次のとおり実施します。当日、御嶽山登山を計画されている方は、ご協力をお願いします。

1 日 時

(1)御嶽山チャレンジ2022

9月17日(土曜日)6時~16時30分頃
9月18日(日曜日)6時~16時30分頃
※天候状況により9月19日(月曜日)に順延する場合があります。

(2)登山者参加型訓練

9月17日(土曜日) ※予備日:9月18日(日曜日)

2 場 所

(1)ビーコン配布・回収及び避難訓練協力依頼

御岳ロープウェイ鹿ノ瀬駅、中ノ湯駐車場

(2)レシーバー設置

黒沢口登山道(御岳ロープウェイ鹿ノ瀬駅/中ノ湯駐車場~剣ヶ峰山頂~ニノ池、三ノ池、8合目トラバースルート)

3 実施主体

国立研究開発法人防災科学技術研究所、木曽郡木曽町

4 後 援

長野県(危機管理防災課)、御嶽山火山防災協議会(長野県)

5 協 力

御嶽山火山マイスターネットワーク
国立大学法人名古屋大学(御嶽山火山研究施設)
一般社団法人富士山チャレンジプラットフォーム

 

御嶽山チャレンジとは 登山者の動向に関するデータを収集し、将来起こりうる噴火発生時および平時において防災利用することを目的とする登山者動向把握に関する実証実験です。登山者に小型ビーコンを配布し、登山道に事前に設置したレシーバーで検知することで、登山者の動向を把握します。
登山者参加型訓練とは 登山者へ指示事項の書いたカードとビーコンを渡し、サイレン吹鳴にあわせて避難行動をとってもらいます。訓練終了後、現場での聞き取り調査等により、登山者が行う避難行動や経路等について検証します。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:危機管理部危機管理防災課

担当者名:(課長)血脇 秀明 (担当)柏原 稔、良川 健太

電話番号:026-235-7184

ファックス番号:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?