ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)11月プレスリリース資料 > 住家の全壊などにより家財を失う世帯が多数生じた災害の特殊性に鑑み、必要な家電製品を支給する支援を行います(危機管理部危機管理防災課)

ここから本文です。

更新日:2019年11月12日

住家の全壊などにより家財を失う世帯が多数生じた災害の特殊性に鑑み、必要な家電製品を支給する支援を行います

長野県(危機管理部)プレスリリース令和元年(2019年)11月12日

令和元年台風第19号災害により、住家の全壊などで家財を失った世帯が多数生じました。所得の少ない世帯など、これからの暮らしを直ちに再建することが困難な世帯を応援するため、必要な家電を支給する支援を行います。

支援の考え方

  • 今回の台風第19号災害では、住家の全壊などにより、生活に必要な家財を失う世帯が多数発生。
  • 所得が少ない世帯などは、直ちに生活を再建することは困難。
  • 市町村が行う災害救助法による日用品などの生活必需品支給の取組を補完するものとして、下記項目に示す家電製品の中から、生活再建に必要な品目を支援。

※住家の被害要件を満たしても、別に保管した物があったり、寄贈を受けたりし、必要な品目が得られている場合は支援の対象となりません。

対象世帯

住家が半壊以上又は床上浸水の判定を受けた住民税非課税世帯又は生活保護世帯のうち、家電を失い買い換えることが困難な世帯

支援する家電製品(このうち最小限必要な製品を支援)

    • 石油ファンヒーター(木造9畳 相当)
    • 冷蔵庫(146L 2ドア 相当)
    • 洗濯機(全自動 5㎏ 相当)
    • テレビ(32インチ液晶 相当)

※各品目とも、1世帯あたり1点の支給となります。

注文票様式の配付

令和元年11月13日(水曜日)から、市町村が郵送等で配付

注文票の提出先

住まいのある市町村役場の窓口

注文票の提出期限

令和元年12月25日(水曜日)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7184

ファックス番号:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?