ホーム > 防災・安全 > 防災情報 > 災害に学び、備える > 平成30年度長野県総合防災訓練について

ここから本文です。

更新日:2018年10月21日

平成30年度長野県総合防災訓練について

平成30年10月21日(日曜日)に塩尻市で、長野県総合防災訓練を実施します。

平成30年度長野県総合防災訓練の概要

目的

災害対策基本法、長野県地域防災計画及び塩尻市地域防災計画に基づき、防災関係機関と地域住民が相互に連携して、各種の防災訓練を総合的に実施し、災害時に即応できる体制を確立するとともに、広く防災意識の普及高揚を図り、地域防災力の向上に資する。

日時

平成30年10月21日(日曜日)8時から13時まで

会場

主会場:塩尻市中央スポーツ公園

副会場:塩尻市小坂田公園他

参加団体数及び参加者数

134団体
約2,500名

訓練の内容について

被害想定

糸魚川-静岡構造線断層帯を震源とする地震による被害
境峠・神谷断層帯を震源とする地震による被害
山林火災の発生
異臭発生による被害

訓練内容

孤立集落住民で構成される自主防災組織が近隣住民の安否確認や救助活動を実施する中、塩尻市は「災害対策本部」を、県は「現地災害対策本部」を設置し、各防災関係機関の協力の下、被害把握、情報収集、情報伝達、道路啓開、救出救助、応急救護、交通規制、炊き出し、防火防災、ライフライン復旧、広域医療搬送などの総合的な災害応急対策訓練を実施する。

特色ある訓練

地域コミュニティの支えあいによる、自助・共助を重視した訓練
災害時要配慮者避難誘導訓練の実施
信州まつもと空港内設置のSCUを拠点とした医療搬送訓練
松本広域災害医療コーディネートチームとDMAT本部の連携訓練
長野県防災情報システムを活用した情報共有・現地本部運営訓練
異臭発生事案対応訓練
山林火災の消火訓練
長野県消防相互応援協定に基づく訓練
長野県市町村災害時相互応援協定に基づく訓練

その他

訓練の実施可否については、以下の手段によりお知らせします。

(1)長野県防災公式Twitterhttps://twitter.com/bosainaganopref(外部サイト)
(2)塩尻市ウェブサイトhttp://www.city.shiojiri.lg.jp/(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
(当日午前6時頃掲載予定)

さらに、中止の場合には以下の手段でもお知らせします。

(3)緊急メールしおじり(登録制によるメール配信サービス)にて配信。

関係書類等

平成30年度長野県総合防災訓練実施要綱(PDF:250KB)
訓練会場位置図(PDF:670KB)
メイン会場配置図1(PDF:299KB)
メイン会場配置図2(PDF:127KB)
訓練種目時間表(PDF:156KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7184

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)