ホーム > 防災・安全 > 災害情報 > 台風第19号の対応について > 台風19号による被災者の方への宿泊施設の提供について

ここから本文です。

更新日:2019年11月12日

台風19号により被災された方への宿泊施設の提供について

避難生活の長期化が見込まれる中、台風19号により被災された皆さんには、長野県ホテル旅館生活衛生同業組合加盟の宿泊施設をご利用いただくことができるようになりました。

避難生活で心身ともにお疲れのことと思いますので、宿泊施設を利用していただき、少しでも疲れを癒してください。

利用に際しては、対象となる方により利用期間等が異なりますので、以下によりご確認ください。

対象となる方

リフレッシュ型

台風19号により被災された方で、避難生活の長期化により健康管理の確保が必要な方。

※在宅避難をされている方であっても、最寄りの避難所に登録し、申込書を提出していただければ利用可能です。

要配慮者型

台風19号により被災された、高齢者、障がい者、乳幼児、妊婦などの要配慮者のうち、避難の長期化により健康被害の未然防止のため、市町村がやむを得ないと認めた方。

※ご家族も対象になります。

※在宅避難をされている方であっても、最寄りの避難所に登録し、申込書を提出していただければ利用可能です。

利用期間および手続き

利用期間

対象者

利用期間

備考

リフレッシュ型 1回の利用につき、2泊3日(食事付)まで 5日間以上の間隔を空ければ複数回ご利用いただけます
要配慮者型 1週間またはそれ以上(おおむね1か月)  

 

利用手続き

リフレッシュ型

  1. 利用を希望される方は、避難所の相談窓口にご相談ください。
  2. 宿泊施設までの移動は、原則、各自の自家用車等でお願いします。
  3. 利用可能な長野市内の宿泊施設(PDF:98KB) 

要配慮者型

  1. 利用を希望される方は、避難所の相談窓口にご相談ください。
  2. 自家用車等の移動手段がない方の宿泊先までの移動手段については、避難所の市町村職員に相談してください。

利用料金

無料でご利用いただけます。

その他

希望する条件の宿泊施設の確保が難しい場合もありますが、ご理解願います。

お問い合わせ先

  • 健康福祉部食品・生活衛生課生活衛生係

電話番号:026-235-7153

ファックス:026-232-7288

  • 観光部山岳高原観光課山岳高原観光係

電話番号:026-235-7251

ファックス:026-235-7257

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7184

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?