ホーム > 防災・安全 > 国民保護 > 米軍機に係る要請について > 令和2年度日米共同訓練概要

ここから本文です。

更新日:2020年12月1日

令和2年度日米共同訓練の概要

目的

陸上自衛隊及び米海兵隊の部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して作戦を実施する場合における相互連携要領を実行動により訓練し、日米の連携強化及び共同作戦能力の向上を図る。

期間

令和2年12月7日(月曜日)から12月18日(金曜日)まで

場所

関山演習場(新潟県上越市、妙高市)、相馬原演習場等(群馬県北群馬郡榛東村)

特色

  • 日米の航空機を使用した空中機動(ヘリボン)により、複数の演習場に対する迅速な機動展開を重視した訓練の実施
  • 平成28年9月の日米合同委員会合意に基づく、MV-22オスプレイの訓練移転に係る事業として実施

防衛省公表資料

陸上自衛隊

防衛省

訓練に関する問合せ

陸上自衛隊第12旅団司令部総務課広報室

0279-54ー2011(代表)

陸上幕僚監部広報室

03-3268-3111(内線)40083

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7408

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?