ホーム > 犀川安曇野流域下水道事務所 > アクアピア安曇野だより > 1月30日管路補修工事の現場見学会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2020年2月4日

犀川安曇野流域下水道事務所

1月30日 管路補修工事の現場見学会を開催しました

当所及び松本市・安曇野市の下水道関係職員が17名参加しました。

松本市梓川において、維持修繕工事の一環で、テレビカメラ調査でひび割れが確認された下水道管の補修工事を実施しています。

この工事で採用したEPR工法は、ホイルチューブに、常温硬化性樹脂を含浸させた強化材(ガラス繊維積層品)を巻きつけ、それを下水道管補修箇所にセットし、補修装置にエアーを充填することにより空気圧で既設下水道管の内面にガラス繊維製のライニング材を圧着硬化させ、ひび割れ等を補修する工法です。内面から補修ができ、下水を流しながら施工ができるのが特徴です。

見学会の様子

見学会の様子

ライニング材を作っている状況

ライニング材を作っている状況

ホイルチューブとライニング材

ホイルチューブとライニング材

EPR工法のイメージ図

EPR工法のイメージ図

お問い合わせ

所属課室:長野県犀川安曇野流域下水道事務所 

安曇野市豊科田沢6709

電話番号:0263-73-6571

ファックス番号:0263-73-6572

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?