ホーム > 犀川安曇野流域下水道事務所 > アクアピア安曇野だより > マンホール点検作業(平成30年7月)

ここから本文です。

更新日:2018年7月31日

犀川安曇野流域下水道事務所

平成30年7月27日(金曜日) マンホール点検作業を実施しました。

安曇野市(明科地区を除く)と松本市梓川地区の各家庭から排出された下水は、まず各市が管理する下水道管に流れ込みます。
その後、長野県が管理する犀川安曇野流域下水道の下水道管(「幹線」と言います)を通り、終末処理場であるアクアピア安曇野へ流れてきます。
幹線は8つのルートがあり、総延長は51.2kmとなります。
犀川安曇野流域下水道事務所では、幹線に異常がないか様々な方法で定期的に点検を行っています。

幹線には718基のマンホールがあり、2年間かけてすべてのマンホールの点検を行います。
7月には40基のマンホールを点検しました。

今後も定期的に点検を行い、幹線の異常を早期に発見し、適切に対処していきます。
そうすることで、幹線の機能は維持され、寿命も延ばすことができます。

【点検作業の様子】

201807MH点検01

【マンホール内部の点検作業の様子】

201807MH点検02

 

お問い合わせ

所属課室:長野県犀川安曇野流域下水道事務所 

安曇野市豊科田沢6709

電話番号:0263-73-6571

ファックス番号:0263-73-6572

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?