ホーム > 犀川安曇野流域下水道事務所 > アクアピア安曇野だより > 地震防災訓練

ここから本文です。

更新日:2016年7月6日

犀川安曇野流域下水道事務所

下水道BCPに基づく地震防災訓練を実施しました

  犀川安曇野流域下水道事務所では、大規模地震で下水道施設が機能停止した場合であっても、関連市の住民の皆様の下水道機能を確保するため、早期復旧を目指した下水道事業業務継続計画(以下、「下水道BCP」という。)を今年6月に制定しました。
 この下水道BCPの定着を図り、被災時の初動体制と行動内容を身につけるため、9月10日に地震防災訓練を実施しました。訓練には事務所職員及び処理場の運転管理業者が参加し、下水道BCPの流れに沿って初動体制を組み、処理場班、管路班に分かれての緊急点検や、他部門との連絡調整などを行いました。各班へは状況付与カードにより、想定される被災状況を突然付与し、与えられた条件下での応急対応の検討など、住民への影響を最小限に抑えるための対策について、より実践に近い形で実施しました。
 訓練を通じて、今後の危機管理対応の強化に向けた様々な課題が抽出されました。

 【主な課題】
 ・早くて正確な情報の伝達
 ・被災時の限られた人員や情報下における効率的な点検方法の検討
 ・対外的な情報伝達を適時適切に行うための報告様式の明確化等見
  直し
 ・非常時の通信手段の充実や利用ルールの明確化
 ・道路及び関連市上下水道との連携や訓練範囲の拡充と、対応能力
  向上に向けた訓練内容の改善。夜間、休日の職員参集状況下での
  対応訓練。
 ・より具体的な行動マニュアル等の策定と下水道BCP見直し

 これらの課題については、今後フォローアップを行い、下水道BCP改善への取り組みに活用するとともに、更なる危機管理対応の強化と安定的な下水道サービスの提供につなげていきたいと考えています。

 訓練状況写真

 安否確認 処理場緊急パト
 ↑職員の安否確認                       ↑処理場班 緊急パトロールへ出発

 状況報告1 状況報告2
 ↑状況報告とホワイトボードへの記入           ↑下水道管内図へ被災状況を書き込み

 管路緊急パト マンホール確認
 ↑管路班 緊急パトロール                  ↑管路班 マンホールを開けて状況確認

 

お問い合わせ

所属課室:長野県犀川安曇野流域下水道事務所 

安曇野市豊科田沢6709

電話番号:0263-73-6571

ファックス番号:0263-73-6572

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?