ホーム > 上松技術専門校 > 紹介 > 訓練風景 > 令和3年度 訓練風景 > 訓練風景その10(技能検定演習)

ここから本文です。

更新日:2021年7月15日

上松技術専門校

訓練風景その10(技能検定演習)

1 入校式からもう3カ月です。
実習では、技能検定の演習を行いました。
新型コロナ感染対策のため今年も木工科、木材造形科各科に分かれて実習を行っていますが、演習の説明をを受けに、わずかな時間ですが全員で工作室に集まりました。
全員集まると活気があります!
2 薄い合板に図面を引き、木造りした木材に墨付けをしていきます。
使っている道具は、自由定規といい、任意の角度に調整でき、角度を写し取ることができます。
3 墨付け以降の加工については、両科分かれて作業へ。
本来演習室に40名ほどで行う授業、現在は広い空間に木工科17名はその工作室、木材造形科19名は体育館と半数の人数で作業を行うので、道具を使う音がよく響きます。
4 慎重に鋸を挽く訓練生。
先月、継ぎ手加工を学ぶために製作した、四角い枠状の製作物は、上松技専修了時の試験(技能照査)に出題される課題です。
今回の製作物は、国家検定である技能検定2級家具製作の実技課題です。
完成すると台形の形をしていますが、今回の継ぎ手も4箇所すべて異なります。
5 材の角に鉋をかけているところですが、訓練生の鉋がけも早くなっているので、ピントの合った写真を取ることが難しくなってきました。
腕のスピード感はご覧の通りです。
6 組み立てています。
何度も合わせて外して、削って微調整して、ピッタリを目指します。
7 最初に書いた図と同じようにできているか、合板の図面に合わせて確認。
8 そして完成!
実際の技能検定2級の実技試験では、標準時間5時間30分(打ち切り時間は6時間)です。
経験と練習が必要ですね。
次の実習から、いよいよ機械の基本技術・技能習得を考えた家具製作です。

お問い合わせ

所属課室:長野県上松技術専門校 

長野県木曽郡上松町大字小川3540

電話番号:0264-52-3330

ファックス番号:0264-52-2079

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?