ホーム > 上松技術専門校 > 紹介 > 訓練風景 > 令和3年度 訓練風景 > 訓練風景その6(継手加工)

ここから本文です。

更新日:2021年6月16日

上松技術専門校

訓練風景その6(継手加工)

1 6月に入り、だんだんと夏が近づく気配がしてきました。訓練生の服装も半袖に移行中です。
この画像は木材造形科の訓練風景です、広い体育館に鑿を打つ音や、鋸を挽く音が響いています。
2 授業では、継ぎ手加工に取り組みました。
技能照査に出題される加工法について練習、実践です。
3 墨付けや毛引きは正確に。
慎重に確認しながら作業を進めます。
4 鋸の挽き始めは難しいですね。集中してゆっくり歯を入れていきます。
5 ホゾを彫ります。鑿を入れる体勢がかっこいいです。
6 ホゾ穴を彫ります。指導員の先生4名によるホゾ穴を彫るデモンストレーションは4者4様で、訓練生も自分にあった作業方法や体勢を探りながら進めていました。
7 組み立てます。きっちり組み合わせることができたでしょうか。ピッタリ組み合わさると、清々しいですね。
8 完成品を並べると、充実感があります。2週間ほどで完成しました!4箇所の接ぎすべて、加工方法が違います。次は板組加工に入ります。

お問い合わせ

所属課室:長野県上松技術専門校 

長野県木曽郡上松町大字小川3540

電話番号:0264-52-3330

ファックス番号:0264-52-2079

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?