ホーム > 上松技術専門校 > 紹介 > 訓練風景 > 令和3年度 訓練風景 > 訓練風景その5(手加工による製作)

ここから本文です。

更新日:2021年6月4日

上松技術専門校

訓練風景その5(手加工による製作)

1 6月に入りましたが、5月にご紹介したのは、林業体験と郊外研修の行事でしたので、5月の訓練風景も少しご紹介したいと思います。
2 鉋を調整して、いざ!
木つくりを行う訓練です。板削り、角材削り、丸棒削りとすべて手加工で形を整える技術を学びます。
3 ふわふわとした鉋屑が出てきました。
4 こちらは、別の訓練生の鉋屑です。材の種類や、削る人によって、出てくる鉋屑の様子が異なるのが面白いです。
5 板削りは木端面の調整が難しそうでした。訓練生は皆、真剣に鉋を握り没頭します。
6 材の幅や角度を確認しながらの作業です。明るい方に材を向けて直角が出ているかスコヤで目視、ノギスで幅を確認、作業場のあちこちで頻繁にこの光景が見られました。
7 丸棒削りの様子です。指導員の先生から、長台鉋を持つ姿勢がよいと褒められていた訓練生。軽快な鉋裁きが気持ちいいですね。
8
機械で、あっという間に木つくり・丸棒つくり・ダボつくりもできますが、自分の手で加工する技術を学ぶことは、知識としても、経験としてもとても大切だと感じます。
また「自分の手で加工したんだ」ということが、今後の自信にもなりますね。
次回は、継ぎ手加工の様子をお知らせしたいと思います。

お問い合わせ

所属課室:長野県上松技術専門校 

長野県木曽郡上松町大字小川3540

電話番号:0264-52-3330

ファックス番号:0264-52-2079

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?