ホーム > 上松技術専門校 > 紹介 > 訓練風景 > 平成31年/令和元年度 訓練風景 > 訓練風景その30(木工科整理箱3)

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

上松技術専門校

訓練風景その30(木工科整理箱3)

 1 木工科の製作する整理箱。
組み上げた本体の鉋がけ(目地払い~仕上げ)に入ります。
 2 引出し用の前板に、ツマミをつけるための穴の位置を確認しています。
 3 横型整理箱の引出しの組立作業です。
 4 引出しが組みあがった後は、平行になっているかよく確認します。
少しでもガタつきを感じる場合は、それが無くなるまで、引出しに力を加えて歪みを矯正したり、鉋で少しずつ削ったりしていきます。
 5 引出しの枠が完成した後は本体に入れて、引出しの嵌まり具合をしっかり確かめます。
きつすぎても緩すぎてもいけません。

当校では『付箋1枚が通る程度』の隙間になるよう指導しています。
 6 旋盤でオリジナルのツマミを製作するチームもいます。
 7 旋盤の練習を兼ねたツマミの試作です。
色んな形があり試行錯誤の跡が伺えます。
 8 別のチームも旋盤でツマミを製作しています。
チームによってツマミの形が異なるのも面白いです。
 9 横型整理箱の最後のパーツ「開き戸」の製作に入りました。
 10 開き戸を取り付けて、引出しの前板にも鉋がけ。
どんどん完成形に近づいて来ました。
 11 力を合わせて仕上げていきます!
 121 これが終わればいよいよ最後の工程である塗装に入ります。

また、木工科は据付家具やNCルーターの講習も始まります。がんばりましょう!

お問い合わせ

所属課室:長野県上松技術専門校 

長野県木曽郡上松町大字小川3540

電話番号:0264-52-3330

ファックス番号:0264-52-2079

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?