ホーム > 上松技術専門校 > 紹介 > 訓練風景 > 平成31年/令和元年度 訓練風景 > 訓練風景その19(木工科フラッシュ構造②)

ここから本文です。

更新日:2019年8月7日

上松技術専門校

訓練風景その19(木工科フラッシュ構造(2))

 1 木工科は引き続きフラッシュ構造のシェルフを製作しています。これは家具の下部位「台輪」を作っている場面です。
 2 ビスケットやビスを入れる穴も開け、シェルフを作るためのすべての部材が出来上がりました。
 3 出来上がったフラッシュ構造の部材に紙やすり(サンドペーパー)をかけます。
これは電動サンダー「オービタルサンダー」という手工具を使っています。
 4 いよいよ接着剤をつけ、部材と部材を接着していきます。
 5 7月18日(木曜日)からは復習を兼ねて、さらに同じものを同数、今度は訓練生主体で製作しました。
グループ内で手順を確認し合いながら作業します。
 6 すでに一度作っているからか、枠組みを作る手つきもしっかりしているのがわかります。
 7 組みあがったシェルフの角を小鉋で落とします。こうすることで手で触れたときに痛くなりません。また、材の欠け防止にもなります。
小鉋のほかに「面取り鉋」という専用の鉋もあります。
 8 形が出来上がったシェルフに対して塗装を行います。
これは一液ウレタン塗装で、ハケ塗りで塗装しています。
 9 塗装の終わったフラッシュ構造課題のシェルフです。
この後さらに背板をはめるなどの工程を経て完成となります。
 10 フラッシュ構造課題が終わると、いよいよ木工科も製品としての「整理箱」を製作します。
木工科では『横型整理箱』『縦型整理箱』『テレビボード』『小型の整理箱』の4つからどれを作るか選び、ペアで作成します。

夏休み明けから整理箱製作が本格スタートです。まずは夏休みでしっかり休息を取ってくださいね。

お問い合わせ

所属課室:長野県上松技術専門校 

長野県木曽郡上松町大字小川3540

電話番号:0264-52-3330

ファックス番号:0264-52-2079

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?