ここから本文です。

更新日:2017年5月23日

個人事業税Q&A 

【個人事業税】

【Q1】個人事業税とは

【Q2】開業、廃業の時はどんな届出が必要ですか。

【Q3】年の途中で事業を廃止したのに課税されました。どうしてですか。

【Q4】個人事業税は事業所得の必要経費になりますか。

 


【Q1】
個人事業税とは・・・?

【A1】
事業を行っている方は、営業活動を営む際に、道路や橋などの公共施設を利用するなど、いろいろな行政サービスを受けています。個人事業税はこうした行政経費の一部を負担していただこうとするものです。
法人で事業を行っている方には、法人事業税が課税されます。

 

【Q2】
開業、廃業の時はどんな届出が必要ですか。

【A2】
事業を開始した場合
個人事業税の事業開始申告書(個人分)を、事務所や事業所が所在する県税事務所に提出してください。

事業内容を変更したり廃止した場合
事業変更(廃止等)申告書(個人分)を、事務所や事業所が所在する県税事務所に提出してください。

▲このページのトップへ

 

【Q3】
年の途中で事業を廃止したのに課税されました。どうしてですか。

【A3】
個人事業税は、事業を廃止(事業者が死亡した場合を含む。)した場合、当該年の1月1日から事業の廃止の日までの期間の所得に基づいて課税されます。

▲このページのトップへ

 

【Q4】
個人事業税は事業所得の必要経費になりますか。

【A4】
個人事業税は事業所得の必要経費になります。また、経費となる時期は納税した年の翌年となります。
なお、廃業したときは廃業した年の経費とすることができます。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。(外部サイト)

▲このページのトップへ

県税のQ&A一覧へ
個人事業税ページへ

お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:026-235-7049

ファックス:026-235-7497

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?