ホーム > 暮らし・環境 > 県税・証紙 > 県税のあらまし > 県税について > 自動車税について > 特別の事情により知事が必要と認める自動車に対する減免について

ここから本文です。

更新日:2017年5月9日

特別の事情により知事が必要と認める自動車に対する減免について

下の表に該当する自動車(納税義務者(1)と使用等の条件(2)を満たしたとき)について、申請により自動車税の減免を受けることができます。
なお、下表「4」の場合を除き、リース車は減免の対象となりません。

減免申請手続きにつきましては、該当区分により添付書類が異なりますので、課税地を管轄する県税事務所又は県庁税務課自動車税係へお問い合わせください。

 

納税義務者(1)

使用等の条件(2)

1

社会福祉法第2条に規定する社会福祉事業を行う者

1.施設から小、中学校への通学、又は施設に通園する園児のために使用するもの

2.施設(老人福祉法第15条第2項に規定する老人短期入所施設を除く)からの通院及び外出、又は資材購入等に使用するもの

3.障害福祉サービス事業所等が、身体障がい者等に対し、生産活動用の原材料又は製品を無料で運搬するために使用するもの

2

介護保険法第115条の35に規定する介護サービス事業者

車椅子の昇降装置及び固定装置を装着する自動車、又はストレッチャーを搭載し固定できる構造を有する自動車で、要介護者又は要支援者を事業所又は施設へ送迎するために使用するもの

3

所有者が非課税団体である自動車の「使用者」

左の所有者から委託された社会福祉事業(社会福祉法第2条)に専ら使用するもの

4

使用者が非課税団体である自動車の「所有者」

所有者が受け取るリース料に自動車税が含まれていないもの

5

・幼稚園又は小学校を経営す
る学校法人
・これに準ずる者

その施設に通園・通学する園児・児童のために専ら使用する通園・通学用のもの

6


・児童福祉法の規定による保育所を経営する者

7

・土地改良区
・土地改良区連合

土地改良事業の用に直接かつ専ら使用するもの

8

・(一財)長野県交通安全協会
・これに準ずる者

交通安全の用に、直接かつ専ら使用するもの

9

・(公社)長野県防犯協会連合会
・これに準ずる者

防犯の用に、直接かつ専ら使用するもの

10

結核予防、生活習慣病予防及び健康診断の事業を行う者

結核予防、生活習慣病予防及び健康診断に直接かつ専ら使用し、車検証の車体の形状欄に医療防疫車と表示されている自動車

11

自動車学校(教習所)を経営する者

「路上教習に使用する台数×構内教習時間/全教習時間」により算出した台数(台数に制限があります)

自動車取得税のページへ
自動車税のページへ


お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:026-235-7051

ファックス:026-235-7081

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?