ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

その他の主な軽減制度について

その他の主な軽減制度

東日本大震災による特例措置

東日本大震災(平成23年3月12日の長野県北部の地震及び平成23年6月30日の長野県中部の地震を含みます)及び原子力災害により被災した土地・家屋に代わる不動産を取得した場合、一定の要件を満たせば不動産取得税が軽減される制度があります。

公共事業に伴う不動産の取得

公共事業(収用することができる事業)のため、土地や家屋を国や地方公共団体などに譲渡し、又は移転補償金を受け、代替と認められる不動産を一定期間内に取得した場合は、不動産取得税が軽減される制度があります。

減免

   次の場合、一定の税額が減免される場合があります。

  • 火災や地震、風水害により不動産が滅失・損壊した場合
  • 町内会等の公共的な性格を有する団体が、公会堂、集会場等の公共的な施設を取得した場合  
  • 国や地方公共団体から補助金を受けて不動産を取得した場合
  • 宅地建物取引業者が、住宅建設・宅地造成に関連して公共の用に供する不動産を取得し、国又は地方公共団体に無償で譲渡した場合

減免の適用を受けるためには、納税通知書記載の納期限までに申請が必要です。

  詳しいお問い合わせは、不動産の所在地を管轄する県税事務所まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:026-235-7049

ファックス:026-235-7497

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?