ここから本文です。

更新日:2017年4月7日

第二種特定鳥獣管理計画(第4期ニホンジカ管理)の概要

計画の概要は下記のとおりです。

1 計画策定の目的

 科学的・計画的な個体数管理などの施策の実施により、自然環境への影響及び農林業被害の軽減を図りつつ、増えすぎたニホンジカを適正な生息密度に維持することを目的として、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」(平成14年法律第88号)第7条の2の規定に基づき、「長野県第二種特定鳥獣管理計画(第4期ニホンジカ管理)」を定める。

2 計画の期間

平成28年(2016年)4月1日から平成33年(2021年)3月31日までの5年間

3 対象地域

県下全域

4 推定生息頭数

105,710頭~301,188頭(県全体)

5 管理の目標

(1)農林業被害の軽減

(2)自然生態系への影響の軽減

(3)個体数の削減・個体の排除による適正な生息密度への誘導

6 目標を達成するための施策の基本的考え方

 農林業被害の速やかな軽減と生態系の保全に必要不可欠なため、緊急的かつ重要な対策として捕獲を推進し、適正な生息密度に誘導していく。また、捕獲のみでは農林業等への被害を防ぐことは困難であることから、防護柵等の被害防除対策、生息環境管理、ジビエ振興等の対策も並行して実施する。

第二種特定鳥獣管理計画(第4期ニホンジカ管理)計画書本文(PDF:3,637KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部森林づくり推進課鳥獣対策・ジビエ振興室

電話番号:026-235-7273

ファックス:026-235-7279

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?