ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 鳥獣対策・ジビエ振興室 > 「第二種特定鳥獣管理計画(第4期カモシカ保護管理)(案)に対する意見募集結果について

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

「第二種特定鳥獣管理計画(第4期カモシカ保護管理)(案)」に対する意見募集結果について

 長野県では、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に基づき、「第二種特定鳥獣管理計画(第4期カモシカ保護管理)」を策定しています。
 この計画は、科学的・計画的な保護管理により、カモシカの地域個体群を安定的に維持しつつ、農林業被害の軽減を図るためのものです。
 お寄せいただきました県民の皆様からのご意見については、下記のとおりです。
 

<第二種特定鳥獣管理計画(第4期カモシカ保護管理)(案)の主なポイント>

 ・県北部への生息域の拡大が見られる一方で、生息密度が低下していることが明らかとなった。

 ・北アルプス保護地域、越後・日光・三国保護地域、南アルプス保護地域、については、推定生息個体数が1,000頭以上*1であることから、保護地域内の個体群が絶滅する可能性は少ないと考えられる。なお、山梨県、静岡県に跨る、南アルプス保護地域については、長野県内においてカモシカの目撃等の情報が非常に少ない調査結果となっており、今後の調査、分析結果を注視する必要がある。

 ・餌が競合するニホンジカが、高密度で生息する地域及び、分布拡大が見られる地域では、それぞれ影響を見極める必要がある。

 ・ 個体数調整を含む被害防除にあたっては、農林業被害の軽減を基本として、被害防除を優先して取り組むとともに、その上でなお必要な場合に個体数調整を行うこととし、地域ごとに十分な合意形成のもとに進める。

*1 IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストカテゴリー(1994)によると、中期的な将来に絶滅に至る可能性があるとされている分類群(VU:危急)の基準の一つが「成熟個体が1,000個未満」とされている。

1 募集事項

 第二種特定鳥獣管理計画(第4期カモシカ保護管理)(案)に対するご意見

2 募集期間

 平成27年6月12日(金曜日)~平成27年7月13日(月曜日)まで

3 意見の提出状況

 お寄せいただいたご意見はありませんでした。

 

お問い合わせ

林務部森林づくり推進課鳥獣対策・ジビエ振興室

電話番号:026-235-7273

ファックス:026-235-7279

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?