ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)12月プレスリリース資料 > 富士見町及び軽井沢町で捕獲されたニホンジカ肉に対する原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限の指示について

ここから本文です。

更新日:2017年12月7日

富士見町及び軽井沢町で捕獲されたニホンジカ肉に対する
原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限の指示について

長野県(林務部)プレスリリース平成29年(2017年)12月7日

 本日、原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)から、富士見町及び軽井沢町で捕獲されたニホンジカ肉に対する原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定による出荷制限の指示がありました。
 なお、食肉処理加工施設を有する富士見町で捕獲されたニホンジカ肉は、出荷制限の一部解除に向けて、現在国と調整を進めています。


 ※ 今回、軽井沢町で捕獲されたニホンジカ肉も対象にするのは、平成24年6月27日の検査で140Bq/kgが確認されていたことを踏まえたもの

1 出荷制限指示日

 平成29年12月7日(木)

2 出荷制限された品目

 富士見町及び軽井沢町で捕獲されたニホンジカ肉

3 お問い合わせ先

 026-235-7273(鳥獣対策・ジビエ振興室)

4 参考

 原子力災害対策本部長の権限  -抄-
 第20条(略)
 2 原子力災害対策本部長は、当該原子力災害対策本部の緊急事態応急対策実施区域及び原子力災害事後対策実施区域における緊急事態応急対策等を的確かつ迅速に実施するため特に必要があると認めるときは、その必要な限度において、関係指定行政機関の長及び関係指定地方行政機関の長並びに前条の規定により権限を委任された当該指定行政機関の職員及び当該指定地方行政機関の職員、地方公共団体の長その他の執行機関、指定公共機関及び指定地方公共機関並びに原子力事業者に対し、必要な指示をすることができる

 

 

担当部署

林務部 森林づくり推進課

鳥獣対策・ジビエ振興室 鳥獣被害対策係

担当者  (室長)佐藤 繁  (担当)神谷一成
電話

 026-235-7273(直通)

 026-232-0111(代表) 内線3264

ファックス  026-235-7279
メール  choju@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部森林づくり推進課鳥獣対策・ジビエ振興室

電話番号:026-235-7273

ファックス:026-235-7279

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?