ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)11月プレスリリース資料 > 食肉処理加工施設におけるニホンジカの放射性物質緊急検査の結果について

ここから本文です。

更新日:2017年11月27日

食肉処理加工施設におけるニホンジカの放射性物質緊急検査の結果について

長野県(林務部)プレスリリース平成29年(2017年)11月27日 

 平成29年11月13日に富士見町で捕獲されたニホンジカから、食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムが検出されたことを受け、諏訪管内の食肉処理加工施設に保管されていた全ての在庫について、緊急検査を追加実施しました。
 検査の結果、基準値を超える放射性セシウムは不検出でしたので、お知らせします。

1 検査方法

 (1)検査日  平成29年11月21日(火)~27日(月)

 (2)検査品目 ニホンジカ

 (3)検査対象 諏訪管内で在庫確認された5施設の316個体分を検査

 (4)検査機関及び検査方法

  ①松本家畜保健衛生所 : スクリーニング検査(ヨウ化ナトリウムシンチレーション検出器)

  ②環境保全研究所 : 精密検査(ゲルマニウム半導体検出器)

   ※ ①の検査において放射性セシウムが検出された場合のみ、②の検査を実施

 (5)検査結果(詳細は別紙参照)

捕獲場所
(市町村名)

検体数

検査結果

スクリーニング検査

(<25 Bq/kg)

精密検査

諏訪市

78

全て不検出

茅野市

112

全て不検出

下諏訪町

12

全て不検出

富士見町

114

2検体で検出

全て基準値(100Bq/kg)以下

      計

316

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 これまでの検査結果

 これまでの野生獣肉の検査結果は、以下の県ホームページで確認できます。

  http://www.pref.nagano.lg.jp/yasei/sangyo/ringyo/choju/hoshasei.html

3 お問い合わせ先

 026-235-7273(鳥獣対策・ジビエ振興室)

 

 

担当部署

林務部 森林づくり推進課 

鳥獣対策・ジビエ振興室 鳥獣被害対策係

担当者  (室長)佐藤 繁  (担当)神谷一成
電話

 026-235-7273(直通)

 026-232-0111(代表) 内線3264

ファックス  026-235-7279
メール  choju@pref.nagano.lg.

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部森林づくり推進課鳥獣対策・ジビエ振興室

電話番号:026-235-7273

ファックス:026-235-7279

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?