ホーム > 長野県野菜花き試験場 > 平成29年度野菜花き試験場研究推進方向

野菜花き試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年7月5日

平成29年度野菜花き試験場の試験研究推進方向

平成29年度野菜花き試験場の試験研究推進方向の概要は下記のとおりです。主要課題とその内容は農業関係試験場のサイトに掲載されたpdfファイルをご覧ください。

 

 

技術開発の方向

 

本県の野菜、花き、きのこおよび畑作物の生産安定と、高品質で安全・安心な農産物を供給するための品種、技術開発を進めます。

温暖化、連作障がい、難防除病害虫の増加など、栽培環境の変化に対応した低コスト・省力生産技術、環境にやさしい持続的な生産技術の開発を進めます。

 

1.オリジナル品種の育成と知的財産の保護・活用

 ◆高品質な野菜、きのこおよび畑作物の新品種を育成し、長野県オリジナル品種のブランド力強化を図ります。

 

2.低コスト・省力化・高位安定生産技術の開発

 

野菜、花き、畑作物の生理生態に基づいた作型開発ならびに気象、病害虫、土壌等の環境要因の影響を考慮した安定生産技術の開発を進めます。

野菜、花きの生理生態の利用、環境制御技術や収穫機等の開発による低コスト・省力生産技術の開発を進めます。

 

 3.環境にやさしい農業生産技術の開発

 

土壌診断に基づく適正施肥量の解明、天敵利用による害虫防除、化学合成農薬を削減できる病害防除技術など、環境にやさしい生産技術の開発を進めます。

 

4.地球温暖化対策技術の開発

 ◆温暖化に対応した栽培技術の開発とともに、品種育成、環境制御技術の開発などを進めます。

 

お問い合わせ

野菜花き試験場 

電話番号:0263-52-1148

ファックス:0263-54-6340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?