ホーム > 東信教育事務所 > お知らせ > 特色ある教育の情報発信について

東信教育事務所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年10月4日

特色ある教育の情報発信について

   東信教育事務所では、地域振興局と連携して、移住・二地域居住希望者が安心して管内に移り住んでいただくため、地域の魅力を情報発信しています。

 管内の市町村(学校組合)教育委員会が実施している“特色ある教育や学校の活動”は次のとおりです。

特色ある教育や学校の活動

  

市町村教委
【問合せ先】

特色ある教育や学校の活動

リンク先URL等

上田市教委

【学校教育課】

〔0268-23-5101〕

<塩川小学校>
◯地域との交流活動
 ・月1度の地域交流あいさつデー 
 ・児童会役員が青少年ネットワーク会議への参加
◯地域の方による学校支援ボランティアとの教育活動(塩川小信州型コミュニティスクール)
 ①生活科総合学習支援
  ・2年生 塩川敬老園訪問
  ・3年生 ジャガイモ栽培、ホタル学習 
  ・4年生 りんご収穫
  ・5年生 米づくり
  ・6年生 職場体験学習
 ②クラブ支援 
  ・年間7回のクラブ活動への支援
 ③学習支援 
  ・書道支援 
  ・家庭科支援
 ④学年行事支援
  ・5年生 烏帽子登山への引率支援
 ⑤補習学習支援
  ・家庭学習定着を目的とした週3回の放課後スクール
  ・基礎学力定着の定着を図ったチャレンジタイム
◯地域に開かれた学校づくり
 ・参観日(全校)の終日地域公開(4、6、9、11月)
◯幼保・小・中連携
 ・小1スタートカリキュラムの充実
 ・1・5年生を中心とした幼保との交流
 ・丸子北中学校体験入学、出前授業、「赤ペン先輩」の活用、丸子北中生による体力テストの補助
◯塩川お話しの会の方による読み聞かせ活動(年間18回)
◯なかよしグループ(全校縦割りグループ)による縦割り交流・体力テストの実施

塩川小学校(外部サイト)
<川辺小学校>
◯年間通しての集団登校
 家の近い子どもたちが集まり、登校班を作っています。年上の子どもが班長・副班長になり、1列に歩いて登校しています。
◯自校給食
 温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに毎日おいしい給食をいただいています。
◯「やきいもころりん」の方々による読み聞かせ
 PTAサークル「やきいもころりん」の皆さんが、子どもたちに読み聞かせをしてくださいます。 
◯地域の方々と共に学ぶ歴史講演会(5・6年生)
 毎年6月頃、5・6年生が歴史講演会に参加します。地域活性協議会の皆さんが学校の体育館で開催してくださり、子どもたちは地域の方々と一緒に歴史の学習をしています。
◯豆腐づくり(2年生)
 自分たちで育てた大豆を使って、豆腐づくりをしています。地域講師の方々に教えていただきます。
◯米づくり(5年生)
 地域講師に教えていただきながら、代かき・田植え・稲刈り・脱穀・収穫祭等の学習を進めています。
 
<西内小学校>
◯地域に根ざした特色ある活動の三本柱
 ①金管バンド活動
  5・6年生全員が練習・活動に取り組んでいます。地域イベントに積極的に参加して、コンクールでは全国大会にも出場しました。
 ②登り窯活動
  全校児童が陶芸に親しみ、年2回の窯焚きで焼き物をします。地域の西内焼き物クラブも月2回活動をしています。
 ③なかよし班活動
  全校で、なかよし遠足や川遊び等を楽しんでいます。
西内小学校(外部サイト)

小諸市教委

【学校教育課】

〔0267-22-1700〕

◯「小諸市英語カリキュラム」による小学校英語教育
 小諸市では、次期学習指導要領による早期外国語教育の実施に向け、小学校から中学校への接続や子どもたちのコミュニケーション能力の育成を重視し、文法的な正確さが重視された英語教育からの転換を意識した英語カリキュラムを作成し、全国に先駆けて市内小中学校で実践しています。
 平成28年度から小学校3・4年生で年間35時間(週1単位)の外国語活動、5・6年生で年間70時間(週2単位)の教科として授業を行っています。 
小諸市(外部サイト)
◯ふるさと「小諸」をまなぶ
 小諸の歴史的・文化的な素材を冊子にまとめ、副教材として、歴史・文化、小諸ゆかりの文化人等を紹介し学習を行っています。
 また、各学校独自の「ふるさと学習カリキュラム」を作成し、小諸の歴史・文化・自然を学んでいます。
 ―副読本―
・小学校3年生対象「だいすき・こもろ」
・小学校6年生対象「小諸の歴史 KOMORO HISTORY」
・中学校1年生対象「島崎藤村・小山敬三」
 
◯子どもの体力・運動能力の向上と脳の発達を高める運動遊び
 人格形成の基礎を培うために重要な時期とされている幼少期に、「自ら学び、考え、理想に向かって行動する力」を育成するため、運動遊びによって子ども達の心と身体の健やかな成長を支援し、体力・学力・道徳心の向上を目指しています。
 「柳沢運動プログラム」を基に、遊びを通して楽しく身体を動かし、友達とのコミュニケーションを増やすことで、子ども達の体力・運動能力の向上につなげるとともに、脳の前頭前野の活性化を促し、注意力・抑制力・判断力の優れた子ども達の育成を保育園等を中心に図る取り組みです。
小諸市(外部サイト)

軽井沢町教委

【こども教育課
学校教育係】

〔0267-45-8672〕

 町内幼保小中高が連携し、地域の特色を生かした教育活動「軽井沢学」を行い、系統的に「人や物に対する思いやりや、自然・文化・営み」を大切にする心を育んでいます。  
 軽井沢版「信州型コミュニティスクール」を推進し、地域と学校の連携に努め、開かれた学校作りを目指しています。
 グローバル化に対応し、外国人講師によるイマージョン教育、UWC ISAK JAPANとの交流など、国際理解・交流の推進を図っています。

御代田町教委

【学校教育係】

〔0267-32-9100〕

<事業名>
 ステップアップスクール(放課後学習塾)
<概要>
 生徒の基礎学力の定着と学力向上を目的とし、中学3年生を対象に補習授業を実施しています。教科書に沿ったテキストによる補習を行い、基礎からやり直したい生徒には、小学校の教科書に立ち戻って指導しています。
 主に部活動がない水曜日の放課後にステップアップスクール(放課後学習塾)として実施しています。
<対象者>
 御代田中学校在籍の中学3年生
<科目>
 英語・数学   ※1人1科目のみ
<回数>
 ・6月から3月までの間、水曜日の放課後に25回実施
 ・夏期休暇中に9回実施 
  ※いずれも29年度実施回数
<時間>
 ・水曜日:午後3時30分から4時30分まで
 ・夏期休暇中:午前10時から11時まで
 

青木村教委

【教育委員会】

〔0268-49-2224〕

 「子どもが真ん中」「村の子どもは村で育てる」を合言葉にして、社会力(生きる力)を育てることを目標に、村を挙げて子どもたちの育成に取り組んでいます。(「29年度青木村の教育」参照) 青木村教育委員会(外部サイト)
 子育てのための生活スローガンとして、「あおきっ子教育ポイント5か条」を定め、村としての子育ての方針を明確にしています。毎年秋には「子育てフォーラム」を開催し、学校や地域を挙げて、一年の取り組みを発表しています。

 

 

お問い合わせ

東信教育事務所 

電話番号:0267-31-0250

ファックス:0267-31-0140

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?