ホーム > 社会基盤 > 都市計画 > 都市公園 > 安全かつ快適に都市公園を利用していただくために

ここから本文です。

更新日:2017年1月4日

安全かつ快適に都市公園を利用していただくために

都市公園の設置目的

都市公園は、住民福祉の増進に寄与することを目的として、スポーツ、レクリエーション及び文化活動の場を提供するために設けられています。(長野県都市公園条例第2条)

安全かつ快適に都市公園を利用していただくためのルール

公園利用者に、安心して快適に都市公園を利用していただくために、長野県では、次の行為を条例によって禁止しています(長野県都市公園条例第8条)。制度の趣旨をご理解いただき、公園の利用に当たっては、これらのルールを守っていただきますようお願いします。
なお、第10号の規定は、条例の一部改正により、平成27年11月1日から適用になります。
(1) 都市公園を損傷し、又は汚損すること。
(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。
(3) 土石、竹木等の物件を堆積すること。
(4) 土石の採取その他の土地の形質の変更をすること。
(5) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。
(6) 知事が指定した場所以外の場所でたき火をすること。
(7) 知事が指定した立入禁止区域内に立ち入ること。
(8) 知事が指定した場所以外の場所に車両を乗り入れ、又は止めておくこと。
(9) 規則で定める場合を除き、はり紙、はり札その他の広告物を表示し、又は掲出すること。
(10) 前各号に掲げるもののほか、他人に危険を及ぼすおそれのある行為若しくは著しく迷惑をかける行為又は都市公園の管理上支障のある行為をすること。

危険・迷惑行為等について

上記2(10)の行為(以下、「危険・迷惑行為等」という。)については、これまで掲示による注意喚起や公園の管理人から口頭での自粛のお願い等により対応してきたところですが、一部の公園利用者からはご理解をいただけず、他の公園利用者の安全が脅かされたり、迷惑を被るなどの実態が見受けられます。また、小型無人機(ドローン等)による事故も全国的に発生しています。
このような状況を踏まえて、公園利用者の安心・安全を確保するため、条例を改正して、危険・迷惑行為等を新たに禁止行為に加えました。
この規定は、平成27年11月1日から適用されますので、ルールを守って誰もが安心して快適に公園を利用できる環境づくりにご協力をお願いします。

<危険・迷惑行為等として禁止する行為>
・ 犬の糞、ごみの放置
・ リードなしの犬の散歩
・ ゴルフの打放練習
・ 小型無人機(ドローン等)の飛行
原則として禁止しますが、申請に基づき安全性が確保され、危険・迷惑行為等に該当しないことが確認できた場合は使用を認める場合があります。詳しくは、公園を管理する各建設事務所維持管理課にお問い合わせください。
・ その他の危険・迷惑行為等
周囲の状況等により、他の利用者に危険や著しい迷惑を及ぼす場合
(例) 周囲に多くの利用者がいて危険と考えられる場合のバット等の素振り騒音を生じる花火等の夜間の喧騒、花火後の不始末 など

 

都市公園の名称

所管建設事務所

電話番号

風越公園、飯田運動公園、南信州広域公園 飯田建設事務所 0265-53-0450
松本平広域公園※ 松本建設事務所 0263-40-1981
烏川渓谷緑地 安曇野建設事務所 0263-72-8398
若里公園 長野建設事務所 026-234-9539

※松本平広域公園内は、航空法の規制により、小型無人機(ドローン等)の飛行はできません。

お問い合わせ

建設部都市・まちづくり課

電話番号:026-235-7296

ファックス:026-252-7315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?