水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2014年6月20日

諏訪湖のウキゴリ

信州の魚たち

○ウキゴリ
 「とんこ」と総称されるハゼ類3種(ヨシノボリジュズカケハゼ、ウキゴリ)の中では最も大型になる種類で、12~13cmになります。「ゴロハゼ(五郎ハゼ)」あるいは単に「ハゼ」とも呼ばれていたようです。
ハゼ類の漁獲量
 それぞれの種類別には分けられてはいませんが、昭和の初めにはハゼ類全体で30トン近くまで漁獲されていました。大正時代までハゼ類はヨシノボリしか記載が無く、ウキゴリやジュズカケハゼは霞ヶ浦などから移植されたり、他の魚に混じってきて定着したと考えられています。
諏訪湖のウキゴリ
 写真:ウキゴリ幼魚(第一背びれの後ろ側に黒い斑点が見えます。)

ウキゴリ類は、上流から中流に棲むシマウキゴリ、中流域に棲むウキゴリ、下流に棲むスミウキゴリに大別されます。諏訪湖のものは第一背ビレの後ろ側に大きな黒色斑が一つある特徴から、三種の中で最も大型になる「ウキゴリ」という種類です。水質汚濁によって湖中からいなくなったとされていましたが、最近また増えてきているようです。
諏訪湖での産卵期
 ヨシノボリよりも早い、4月から6月ころの時期に産卵期を迎えます。ヨシノボリなどと同じように、礫の下側に雄が巣をつくって雌に卵を産みつけさせ、雄は卵がふ化するまで巣を守ります。冬から春には流入河川の河口付近などでよく見かけられ、産卵場所もその近辺と考えられます。ふ化した稚魚は、湖へ流れくだります。他のハゼ類と同様に、ウキゴリも本来は海と川を行き来する性質をもっており、諏訪湖を海の代わりに利用しているといえます。
ハゼ類の食べ物は?
 ハゼ類は基本的に動物食で、稚魚のうちは動物プランクトンを、成長するとユスリカ幼虫などの底生動物や水生昆虫を食べています。大型のものではエビや魚の稚魚なども食べています。

写真:ウキゴリ成魚(5cm)
ウキゴリ成魚(5cm)

 

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?