水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2014年6月20日

諏訪湖のスジエビ

信州の魚たち

○スジエビ
特徴

上から、テナガエビ雄・雌、スジエビ(3尾)、ヌカエビ
上から、テナガエビ雄・雌、
スジエビ(3尾)、ヌカエビ

 諏訪湖には、テナガエビ、スジエビ、ヌカエビの3種類がいます。スジエビは、他の2種に比べ透明感が強い淡褐色の体に黒褐色の縞模様がきれいに見えます。大きさは5~6cmくらいになり、他の2種に比べて太めに見えます。雌のほうが雄より大型です。寿命は1年程度とされ、卵をふ化させると親は死んでしまうようです。水草の繁茂する湖内や船付場などにすみ着いています。雑食性で、付着ケイソウ類やプランクトン、魚介類の死骸などを食べています。最近ではブラックバスやブルーギルに追われてか、河川の河口域で見られることも多いようです。

産卵
 3種類とも雌は卵をお腹に抱いて育てますが、スジエビの卵の色は黄色みが強いのが特徴的です。諏訪湖での産卵は6月から9月にかけての時期で、テナガエビよりは若干遅く始まり期間も短いようです。この時期は水草が繁茂する時期でもあり、繁殖・子育て・生活の場として水草帯が重要な役割を果たしています。
諏訪湖の在来種
写真:スジエビ

 スジエビは日本全国に広く分布しています。エビは人々に好まれ昔から盛んに移植されていたようです。諏訪湖へは寛政年間に駿河から移植したとの記録がありますが、それ以前から分布していた可能性も考えられます。
 大正7年(1918年)に刊行された「諏訪湖の研究」(田中阿歌麿著)には「おおえび」あるいは「かぶとえび」と記載されています。この本には他に「こえび=ぬかえび」しか記載が無く、テナガエビはまだいなかったことがわかります。テナガエビが移植された後、スジエビは「中えび」と呼ばれるようになりました。
かぶとえび
 伝統的なえび漁の一つである「かぶと」と呼ばれる漁法で漁獲されることが多かったことからこの名前がつきました。鍋のような陶器に網で蓋をして「返し」のついた穴をあけたもので、中に餌をいれて置き、入り込んだエビを取上げるものです。この漁法は諏訪湖独特のもので、はじめは古い桶や鍋を利用したことが江戸時代の記録からわかります。

背中の模様(尾の模様も特徴的です。)
背中の模様(尾の模様も特徴的です。)

 

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?