ホーム > 長野県水産試験場 > 実績・活動 > シナノユキマスの採卵がピークです

水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2016年12月8日

 シナノユキマスの採卵がピークです

 12月に入り、佐久支場(佐久市高柳)で、シナノユキマスの採卵作業が始まりました。
 12月8日(木)、水温は5.8℃、まずは池に入って卵が出る雌を選び出します。そして、1尾ずつ池から取り上げ、採卵台にのせて卵をしぼります。卵が集まったら大きなタライに移し換え、雄から採取した精をかけて受精させます。その後、半日ほど置いてからビン式ふ化器に移し、仔魚がふ化する春まで管理します。
 この日の採卵粒数は210万粒でした。採卵作業は今月いっぱい続く予定です。 (佐久支場)                                         

シナノユキマス採卵1   シナノユキマス採卵2

池に入ってシナノユキマスを集めます

 

魚を生け簀に入れます

シナノユキマス採卵3   シナノユキマス採卵4

採卵できる雌を選びます

 

1尾ずつ卵をしぼります

 
シナノユキマス採卵5   シナノユキマス6  

タライに移して精をかけて受精

 

ビン式ふ化器に入った卵

 

 

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?