ホーム > 長野県水産試験場 > 実績・活動 > 信州サーモン > 「信州大王イワナ」稚魚の出荷が始まりました

水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2016年8月3日

  「信州大王イワナ」稚魚の出荷が始まりました

  8月3日から水産試験場木曽試験地(木曽郡木曽町)で、信州大王イワナの稚魚の出荷が始まりました。

  初日は3業者に合計5,100尾を出荷し、9月下旬までに合計約4万尾を27の養殖業者に出荷する予定です。
  今回出荷する稚魚は、昨年11月に採卵・三倍体処理し、今年1月にふ化した稚魚で、体長7cmに育っています。稚魚から約2年で体長45cm、体重約1kgに生育し、食用魚として出荷されます。

大王イワナ積み込み   大王イワナ

運搬用の水槽に稚魚を積み込む

 

稚魚の体長は7cm、重さは3g

稚魚群  

出荷される稚魚群

 

成魚(ふ化から約3年)

  

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?