ホーム > 長野県水産試験場 > 実績・活動 > 信州サーモン > 「信州大王イワナ」稚魚の出荷が始まりました

水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年7月12日

  「信州大王イワナ」稚魚の出荷が始まりました

  7月12日から水産試験場木曽試験地(木曽町新開)で「信州大王イワナ」の稚魚の出荷が始まりました。初日は3業者に7,800尾を出荷しました。
 本年度は8月までに4万尾の稚魚を21の養殖業者に出荷する予定です。
 養殖業者からの食用魚の出荷量は、昨年の夏に出荷した4万尾の稚魚が1kgサイズに達する平成30年度から増える見込みですのでご期待ください。

H29大王イワナ稚魚出荷   H29大王イワナ稚魚出荷

運搬用の活魚輸送車の水槽に稚魚を移す

 

バケツ一杯で約1,000尾の稚魚

H29大王イワナ稚魚出荷   H29大王イワナ稚魚出荷

稚魚の体長は6~7cm、体重3g

 

体重1kgの信州大王イワナの食用魚

  

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?