ホーム > 長野県水産試験場 > 実績・活動 > 信州サーモン > 水産資源保護啓発巡回教室を開催しました

水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2016年9月28日

 水産資源保護啓発巡回教室を開催しました

  9月28日(水)に、安曇野市明科公民館講堂において、水産資源保護啓発巡回教室を開催し、県内漁協関係者、行政、自然保護関係者など62人の参加がありました。
  今回は、ダムや堰堤に設けられている魚道について、講師の日本大学理工学部 安田陽一教授をお招きし、最新の魚道研究と施行事例について講演をいただきました。
  河川工作物の多い長野県では特に関心のある分野であり、河川環境を含めた魚道整備の現状と河川改修のあり方について、参加者からは効果的な魚道を普及させるに当たっての課題は何か、高さのあるダムにも魚道を設置できるかなど盛んな質問がありました。
  また、当試験場の職員が、奈良井川禁漁区におけるイワナの資源管理について発表を行いました。

安田教授の講演   会場の様子

安田教授の講演

 

会場の様子

魚道の施工例の紹介   魚道の施工例の説明

魚道の施工例の紹介

 

魚道の施工例の説明

  

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?