ホーム > 長野県水産試験場 > 実績・活動 > 信州サーモン > 水産資源保護啓発巡回教室を開催しました

水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

 水産資源保護啓発巡回教室を開催しました

  9月14日(木)に、安曇野市明科公民館講堂において、水産資源保護啓発巡回教室を開催し、県内養殖漁業関係者など28人の参加がありました。
  今回は、講師の近畿大学水産養殖種苗センターの瀬尾重治教授をお招きし、「つくって売って儲ける養殖を考える」と題して、海外の養殖業の現状と今後の養殖業のあり方について講演をいただきました。
  また、当試験場の職員が、水産用抗菌剤の購入方法の変更、信州大王イワナの給餌飼料、ニジマスのIHNと冷水病の混合感染被害の軽減対策について発表を行いました。

29巡回教室   29巡回教室

講師の瀬尾重治教授

 

会場の様子

29巡回教室   29巡回教室
   

水産用抗菌剤の購入方法変更の説明

  

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?