ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 食品・生活衛生課 > 県内におけるマイマイガの大量発生と今後の対応

ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

県内におけるマイマイガの大量発生と今後の対応

昨年(平成26年)、県内ではマイマイガが大量発生(主に北信、中信及び東信の一部)しました。
マイマイガは約10年周期で大発生し、2-3年継続する傾向があるとも言われております。
今後のマイマイガ大量発生の抑制について、県民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

マイマイガとは

マイマイガは、ドクガ科に属する大型の蛾です。

【参考リンク】森林生物情報データベース「マイマイガ」(独立行政法人森林総合研究所)(外部サイト)

maimai-ga4

maimai-ga3

ふ化したばかりのマイマイガ幼虫
【写真提供】長野県病害虫防除所

若齢期のマイマイガ幼虫
【写真提供】長野県病害虫防除所

maimai-ga2

maimai-ga1

マイマイガ幼虫(左)と樹幹上に産まれた卵塊(右)
【出典】独立行政法人森林総合研究所

マイマイガ成虫(左:雌,右下(縮尺2分の1):雄)
【出典】独立行政法人森林総合研究所

 

マイマイガの生態

時期

マイマイガの状態

9月~3月頃

卵塊

  • 縦3~5cm、横2cm程度の楕円形、褐色
  • 卵塊あたりの卵数は通常、約500~600個

4月頃~

ふ化
幼虫

  • 卵塊上に集団で発生
  • 体長は5mm程度、淡い茶色~黒色

 

5月頃~

 

幼虫

  • ふ化後、通常5回脱皮
  • 体長は最大7cm程度、黒色、背中に黄色・オレンシ゛色の斑紋
  • 高い所から糸を吐いてぶら下がり、風に乗って移動
  • 様々な樹種の葉(広葉樹が主体で、カラマツ等の針葉樹も含む)を食害

6月頃

蛹(さなぎ)

  • 幼虫は2カ月ほどで発育完了し、樹幹、物陰等で蛹(さなぎ)となる
  • 蛹(さなぎ)の期間は「10数日」

6月下旬~
8月中旬

 

成虫

  • 体長はメス(体長4~5cm)、オス(同2~3cm)※羽を閉じた状態
  • メスは一晩で平均約200m飛翔移動【推定】
  • 生存日数は、最長で6日(オス)~10日(メス)程度
  • 照明への飛来時間は薄暮~夜に入る頃(午後7時30分~10時30分)が最多
  • 日没直後の1時間ほどの間に飛翔・歩行移動等する

7月下旬~
8月頃

産卵

  • 産卵は数夜にわたり、日中は産卵を休止
  • メスは生涯で1回のみ、腹部内のすべての卵を一つの塊で産み、産卵しながら卵塊を鱗毛で覆う、産卵後は飛翔しなくなる

マイマイガによる影響等

(植物への影響等)

  • 幼虫でいる間、様々な草木の葉や農作物等を食害します。(森林病害虫等防除法施行令により「森林病害虫」として定められています。)

(人の健康、生活への影響等)

  • ふ化したばかりの幼虫(体長5mm程度)に触ると、皮膚の弱い方は赤く腫れたり痒みが伴うことがあります。
  • 幼虫は吐いた糸にぶら下がり、風に乗って飛ぶことから、屋外に干す洗濯物に紛れ込む場合がありますので、取込み時等にご注意ください。
  • 成虫の飛翔等に伴う人体への影響は報告されていません。(ただし、成虫や卵塊の鱗毛を大量に吸い込まないようにご注意ください。)

マイマイガの発生の抑制について~県民の皆様への「マイマイガ」駆除対策のお願い~

ご家庭、事業所等でマイマイガの発生を抑制していただくための対策としては、「卵塊」又は「幼虫」の時期での駆除が最も効果的です。

卵塊対策(9月頃~翌年3月頃)

  • 卵塊の期間(卵が壁等に固定した状態)が夏から翌年の春までと長いため、この期間での駆除が非常に効果的です。

(方法)

  • 卵塊は、ペットボトルを半分に切ったものや塵取りなど先が平らなもので壁などから剥がすことが出来ます。
    除去した卵塊は、各自治体で決められた方法により処分してください。

(注意事項)

  • 作業の際は、卵塊を覆っている鱗粉が目や鼻、のどに入らないよう、ゴーグル・マスク等を着用してください。
  • 用具を使用する際は、卵塊が付着している壁等を傷つけないようご注意ください。

幼虫対策(4月頃~5月頃)

  • 幼虫の駆除には、次の方法があります。

(方法)

  • 体長1cm程度までの若齢幼虫は、市販の殺虫剤で駆除できます。(ふ化直後、卵塊の上にまとまっている幼虫には、ガムテープに貼り付けて取り除く方法もあります。)
  • 体長1cm以上の幼虫は、ビニール手袋をするか火箸などで捕まえ、バケツに水と少量の洗剤を入れたものを用意し、その中に捕まえた虫を入れることで、駆除できます。
  • 駆除した幼虫は、各自治体で決められた方法により処分してください。

(注意事項)

  • 幼虫(特にふ化したばかりの幼虫)に直接触れないようご注意ください。
  • 殺虫剤等使用する場合は、使用上の用法等の遵守や使用の際の周囲への影響等に十分ご留意ください。

卵塊・幼虫の駆除は、長野県ペストコントロール協会においても受け付けておりますので、最寄りの協会員までお問い合わせください。

各市町村におけるマイマイガに関する情報

マイマイガが大量発生している市町村では、ホームページに住民向けの情報を掲載しています。
詳しいお問い合わせは、各市町村の担当課までお願いします。

保健所

佐久

上田

諏訪

伊那

飯田

木曽

松本

大町

長野

北信

市町村

小諸市

佐久市

小海町

佐久穂町(外部サイト)

川上村

南牧村

南相木村

北相木村

軽井沢町

御代田町

立科町

上田市(外部サイト)

東御市

長和町

青木村

岡谷市

諏訪市

茅野市

下諏訪町

富士見町

原村

伊那市

駒ヶ根市

辰野町

箕輪町

飯島町

南箕輪村

中川村

宮田村

飯田市

松川町

高森町

阿南町

阿智村

平谷村

根羽村

下條村

売木村

天龍村

泰阜村

喬木村

豊丘村

大鹿村

上松町

南木曽町

木曽町

木祖村

王滝村

大桑村

 

松本市(外部サイト)

塩尻市

安曇野市(外部サイト)

麻績村

生坂村

山形村

朝日村

筑北村

大町市(外部サイト)

池田町(外部サイト)

松川村

白馬村

小谷村(外部サイト)

長野市(外部サイト)

須坂市(外部サイト)

千曲市

坂城町

小布施町

高山村

信濃町(外部サイト)

飯綱町

小川村

中野市(外部サイト)

飯山市(外部サイト)

山ノ内町

木島平村

野沢温泉村

栄村

本ページに掲載されている資料は以下から引用させていただきました。

(地独)北海道立総合研究機構林業試験場・(外部サイト)北海道水産林務部

(関連リンク)

問合せ先

○森林に関すること:各地方事務所の林務課へお問い合わせください。

○農業に関すること:防除に関することは長野県病害虫防除所へお問い合わせください。

○生活に関すること:各保健福祉事務所及び市町村生活環境の担当へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7153

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?