ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

ちゃんと手洗いできてる?!

手には“ばい菌(きん)”がたくさんついてるよ

外で遊んだ後やトイレに行った後の手には目に見えない“ばい菌(きん)”がたくさん付いています。

手をちゃんと洗わないで料理すると、食品に“ばい菌(きん)”がついて、お腹が痛くなったり、人に病気をうつしてしまうことがあります。

お家に帰った時、料理をする前、ご飯を食べる前、トイレに入った後などは正しい方法で手を洗って“ばい菌(きん)”をやっつけましょう。

baikin

ちゃんと手洗いできてるか実験してみよう

 “ばい菌(きん)”の代わりにブラックライトで光るクリームを使って実験してみましょう!

default

①何も塗(ぬ)っていない手をブラックライトに当てても、変化はありません。

 

before

② ブラックライトで光るクリームを手に塗(ぬ)ってから当ててみます。①と比べて白く光っているのが分かりますね。

 

tearai

③いつものやり方で手を洗ってみましょう。

 

after

④手を洗った後にもう一度、ブラックライトに当ててみましょう。

爪(つめ)の間や指の付け根にまだ白く光っている部分がありますね。ここがしっかり洗えていない、“ばい菌(きん)”が残りやすい部分です。

正しい手洗いの方法 

①まず水洗います。 ②石鹸(せっけん)を付けます。 ③手のひらを洗います。
④手の甲(こう)を洗います。 ⑤指の間や指の付け根を洗います。 ⑥親指を付け根まで洗います。
⑦指先を洗います。 ⑧手首を洗います。 ⑨水でよく洗い流します。
洗い終わった後は、キレイなハンカチやタオルでしっかりふきましょう。アルコール消毒(しょうどく)をすると、より効果的(こうかてき)です。手がすごく汚れている時は2回洗いましょう。

 

tadashiitearai

「こども記者体験コースメニュー」に戻る

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?