ホーム > 健康・福祉 > 食品・生活衛生 > 食品衛生のホームページ > 「食品衛生法施行条例」の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2016年5月9日

「食品衛生法施行条例」の一部改正について

長野県では、食品の製造等を行っている事業者が食品の衛生的な取扱いや施設の衛生管理等に関して遵守すべき基準である「公衆衛生上講ずべき措置の基準」を食品衛生法施行条例で定めています。

このたび、都道府県等がこの基準を条例で定める場合の技術的助言として厚生労働省が示している「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」(平成16年2月27日付食安発第0227012号。以下「ガイドライン」といいます。)が改正されたことに伴い、本基準の一部を改正しました。

改正にあたり、ご意見をお寄せいただいた県民の皆様には、厚くお礼申しあげます。

 


 

1 改正内容の概要

 (1) 危害分析・重要管理点方式を用いて衛生管理を行う場合の基準

     従来の基準に加えて、新たに「危害分析・重要管理点方式(HACCP)を用いて衛生管理を行う場合の基準」を追加しました。

 (2) ノロウイルス食中毒対策に関する基準

     施設内で嘔吐した場合の適切な消毒や、手袋を使用する場合の交換、衛生教育の内容等を追加しました。

 (3) 健康被害のおそれが否定できない異味異臭等の保健所等への報告についての基準 

     食品等事業者が消費者から異味又は異臭の発生、異物混入等の苦情であって、健康被害が発生するおそれが否定できない場合は、速やかに保健所に報告することを追加しました。

改正内容の詳細

 長野県報(PDF:1,193KB) 

 新旧対照表(PDF:238KB)

2 県民の皆様からのご意見募集結果について

    こちらからご覧いただけます。

    また、以下の場所でも閲覧することができます。

     行政情報センター(県庁西庁舎1階)

     各地方事務所の行政情報コーナー

     健康福祉部食品・生活衛生課(県庁本館4階)

     保健福祉事務所食品衛生窓口(PDF:45KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?