ホーム > 健康・福祉 > 食品・生活衛生 > 食品衛生のホームページ > 公衆衛生上講ずべき措置の基準について

ここから本文です。

更新日:2016年12月27日

公衆衛生上講ずべき措置の基準について

 長野県は、食品等事業者が食品の衛生的な取扱いや施設、従事者の衛生管理等に関して遵守すべき規準を食品衛生法施行条例で定めています。

公衆衛生上講ずべき措置の基準

1 危害分析・重要管理点方式(食品の安全性を確保する上で重要な危害の原因となる物質及び当該危害が発生するおそれのある工程の特定、評価及び管理を行う衛生管理の方式をいう。)を用いて衛生管理を行う場合:HACCP導入型基準(PDF:225KB)

2 危害分析・重要管理点方式を用いずに衛生管理を行う場合:従来型基準(PDF:128KB)

参考

 水質検査(水道水以外の水を使用する場合)(PDF:208KB)

 定期検査(製造、加工又は調理をした製品)(PDF:224KB)

 知事が別に定める講習(PDF:83KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?