ホーム > 健康・福祉 > 食品・生活衛生 > 生活衛生 > 理容師法・美容師法条例改正

ここから本文です。

更新日:2015年6月22日

理容師法・美容師法条例改正

理容師法施行条例・美容師法施行条例が改正されました。

◇改正内容◇

理容所・美容所における衛生管理の一層の向上を図るため、講ずべき衛生上必要な措置に、洗髪設備の設置を追加しました。

理容師法施行条例・美容師法施行条例

第4条理容所(美容所)について講ずべき衛生上必要な措置

(1)作業場及び待合所は、住居等と区画すること。

(2)作業場と待合所とを区分し、作業場の面積は、9.9平方メートル(略)以上とすること。

(3)作業場内に、従業者の手指及び器具を洗浄する設備を設けること。

(4)作業場内に、温水を供給することができる洗髪設備を設けること。

(5)作業に必要な器具及び布片を相当数備えておくこと。

(6)消毒した物品及び消毒していない物品について、それぞれ適当な格納場所を設けること。

(7)応急手当に必要な薬品等を適当な容器に収めて常備すること。

(8)常に、ねずみ及び衛生害虫の駆除に努めること。

◇施行期日◇

平成20年4月1日

【経過措置】

 

平成20年3月31日までに使用前検査を受けた理容所・美容所は、改正条例の適用が

除外されます。

 

ただし、現在営業している理容所・美容所であっても、この条例施行後に増築又は改築

をして新たに新規開設の扱いとなる場合は、改正後の条例が適用されます。

 

新たに営業を始める場合、現在の店を改築する場合など、あらかじめお近くの保健所へ

御相談ください

*保健所一覧はこちら

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7153

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?