ここから本文です。

更新日:2015年12月24日

「ノロウイルス食中毒注意報」を全県に発令しました。

長野県(健康福祉部)プレスリリース平成27年12月24日

本日、長野県は「ノロウイルス食中毒注意報」を全県に発令しました。
感染性胃腸炎は主に冬期に流行しますが、この患者の届出数が増加すると、それに伴いノロウイルス食中毒が発生する傾向にあります。
長野県内における感染性胃腸炎患者の届出数に増加傾向が見られること及び全国的にノロウイルスによる集団感染が多発していることから、次のポイントに注意してノロウイルスによる食中毒を防ぎましょう。

ノロウイルス食中毒を防ぐために

  • 石けんで手をよく洗いましょう。
    外出先から帰った後、トイレの後、調理の前や食事の前などは、石けんを使用し、手の汚れをしっかり落としましょう。
  • 加熱調理する料理は、中心部まで十分に火を通しましょう。
    食品の盛付けは、お箸などを使って盛り付けましょう。
  • ノロウイルスによる感染性胃腸炎患者のおう吐物や下痢便中には、多量のウイルスが含まれています。おう吐物などを片付ける場合は、マスクや使い捨ての手袋を着用して行い、汚れた場所は塩素系の薬剤で消毒しましょう。

【食品を取り扱う営業者や調理業務に従事している方へ】

下痢、腹痛、おう吐などの胃腸炎症状がある時は、調理に従事しないようにしましょう。

手洗いのポイント

  • 石けんをよく泡立てて、指の先や指の間、手のひらや手の甲など、手全体をていねいにもみ洗いして、最後に流水で十分にすすぎましょう。
  • 水道の蛇口も手と一緒に石けんで洗い流しましょう。
  • タオルは常に清潔なものを用意しましょう。

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 健康福祉部食品・生活衛生課食品衛生係
担当者 (課長)高木正明(担当)和田純子、古屋智大
電話

026-235-7155(直通)

026-232-0111(代表)内線2661

ファックス 026-232-7288
メール shokusei@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?