ここから本文です。

更新日:2017年6月27日

夏に多発する食中毒を防ぐとともに安全な食品の流通を確保するために 「夏期一斉取締り」を行います

長野県(健康福祉部)プレスリリース平成29年(2017年)6月27日

 

食中毒の発生しやすい夏期を迎え、飲食店、食肉取扱施設、旅館、仕出し・弁当屋、スーパーマーケット、学校等の衛生管理を確認するために、県下一斉に保健福祉事務所(保健所)職員が立入検査を行います。

夏に多く発生しているカンピロバクター、腸管出血性大腸菌等による食中毒を防止するため、食品の衛生的な取扱いを重点的に点検します。

また、流通食品の安全性を確保するため、店頭における食品の抜取り検査を実施します。

  ※カンピロバクターとは食中毒を起こす細菌の一つで、家畜の腸管内などに住んでいます。 

実施期間

平成29年7月3日(月)から8月2日(水)まで

実施機関

県内10保健福祉事務所(保健所)

実施方法

(1)施設に対する立入検査

(2)食品の抜取り検査

 

担当部署

健康福祉部食品・生活衛生課 食品衛生係、乳肉・動物衛生係

担当者  (課長)清澤 哲朗  (担当)久保田 耕史、小平 満
電話  026-235-7154・7155
ファックス  026-232-7288
メール

 shokusei@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7153

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?