ホーム > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 長野県手話言語条例について

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

長野県手話言語条例について

このページでは、長野県手話言語条例に関連する様々な情報を掲載します。

1条例検討経過

(1)平成26年7月1日

  • 社会福祉法人長野県聴覚障害者協会から、手話言語条例制定の要望書が提出された。

(2)平成26年7月18日~平成27年10月5日

  • 内ワーキンググループにおける検討を開始。手話に関する現状分析と課題の整理、関係団体から意見聴取等を実施(14回)。

(3)平成27年2月18日~

  • 社会福祉法人長野県聴覚障害者協会が独自に設置した「長野県手話言語条例(仮称)制定準備委員会」と意見交換を実施(10回)。

(4)平成27年5月21日

  • 全国で初めて手話言語条例を制定した鳥取県から、聴覚障害者協会事務局長石橋大吾氏をお招きし、条例制定後の変化や新たに見えてきた課題等について講演いただいた。

鳥取県聴覚障害者協会事務局長の石橋氏が講演しています。

(5)平成27年5月21日、同年8月28日

  • 障がい当事者団体との意見交換を実施。

(6)平成27年11月13日~同年12月13日

2長野県手話言語条例の公布・施行

成立日:平成28年3月14日

施行日:平成28年3月22日

【長野県手話言語条例全文(PDF:191KB)

写真

長野県手話言語条例の可決成立を祝い、県内外から100名超の関係者が集まり記念撮影を行いました。

3話言語条例関連事業

平成29年度

(1)手話に対する理解促進(県内プロスポーツ団体を手話で応援、啓発イベント「信州山の日」とコラボ

  • 手話に親しみながら信州の山を歩くイベント(詳細はこちら)
  • 県内プロスポーツ団体を手話で応援イベント(詳細はこちら

(2)手話の普及(一般県民向け手話講座の開催、手話学習会実施事業所への助成等)

  • 県民向け手話講座の開催(詳細はこちら
  • 地域における手話を通じた交流事業(詳細はこちら)
  • 手話学習会実施事業所への助成事業(詳細はこちら
  • 手話辞典・長野県手話ガイドブック

(3)手話を使いやすい環境の整備(手話通訳者養成等研修事業、意思疎通支援者派遣事業)

(4)手話や文字による情報提供(手話・文字による観光コンテンツの提供、手話通訳付き観光ツアー)

  • 手話通訳付き観光ツアー(詳細はこちら

(5)相談体制の整備・生活支援(ろうあ者相談員の配置、社会生活訓練事業等)

4県庁内の取り組み

(1)手話定期便【手話ニュースをお届けします(毎月更新)。】

(2)部局長会議におけるミニ手話講座を始めました。【手話動画はこちら

280404会議

  • 第1回(平成28年4月4日)「あいさつ」
  • 第2回(平成28年4月22日)「自己紹介-知事・副知事編-」
  • 第3回(平成28年5月27日)「業務で活用できる手話」
  • 第4回(平成28年6月10日)「数字を表す手話」
  • 第5回(平成28年7月25日)「日にちや曜日などを表す手話」
  • 第6回(平成28年8月31日)「時間を表す手話」
  • 第7回(平成28年9月15日)「おさらい1」
  • 第8回(平成28年10月31日)「おさらい2」
  • 第9回(平成28年11月18日)「人物や家族に関わる単語の表現方法」
  • 第10回(平成28年12月22日)「年末年始のあいさつに使う手話」
  • 第11回(平成29年1月20日)「県内地名の表現方法1」
  • 第12回(平成29年2月8日)「県内地名の表現方法2」
  • 第13回(平成29年3月24日)「1年間のおさらい」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部障がい者支援課

電話番号:026-235-7104

ファックス:026-234-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?