ホーム > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 就労支援 > 障がい者の就労支援について > OJTによる障がい者の就労促進事業

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

OJTによる障がい者の就労促進事業

長野県では、OJT(職場実習)の場を通じて企業と障がいのある方のマッチング機会を拡大し、障がいのある方の一般企業等への就労を促進するため次の取組を行っています。

1OJT推進員派遣事業

企業の方や障がいのある方が不安に感じていることや、困っていることなどに対して、「OJT推進員」がそれぞれの不安解消に向けて、OJTをサポートします。

OJT・・・一般的には新任職員のために企業内の職場で行う教育訓練という意味で使用されていますが、ここでは障がいのある方の職場実習という意味を指しています。

このようなことでお困りではないですか??

企業の方へ

  • 障がい者雇用をしたいけれど、どんな仕事を任せられるのか?
  • 受け入れる上で必要な配慮は?
  • 他の従業員とうまくコミュニケーションができるのか?

障がいのある方へ

  • 様々な仕事を経験してみたい
  • 自分の希望の職種と適性を確認したい
  • 企業で働く自信がない

◆OJT推進員の主な役割

企業の方に向けて
  • 障がいのある方の受け入れのための業務分析
  • 作業環境の検討や作業指導等のサポート
  • 「障がい」の特性について分かりやすく説明
障がいのある方に向けて
  • 実習を円滑に進めるための助言
  • 従業員とのコミュニケーションのサポート
  • 実習中の不安等に関する相談

 

★当事業の活用に関することや、ご不明な点はお近くの障害者就業・生活支援センターにお問い合わせください。

障害者就業生活支援センター一覧

 

 

2障がい者短期トレーニング促進事業

企業等で、障がいのある方がより実践的な短期のトレーニングを行う場合に、安心して行えるように必要な経費を助成します。

対象となる方 障害者就業・生活支援センターに登録している方
実習期間 1人1回につき1ヶ月以内とし、実習時間は合計60時間以内
対象となる経費

障害者就業・生活支援センターに対して、以下の経費を助成します。

  • 実習者への手当実習1日あたり500円
  • 傷害保険への加入費用
  • 事務費

★お問い合わせは、お近くの障害者就業・生活支援センターへ

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部障がい者支援課

電話番号:026-235-7105

ファックス:026-234-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?