ホーム > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 心の輪を広げる障がい者理解促進事業

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」を募集します!

県では、障がい者に対する理解の促進を図るため、障がいのある人とない人との心のふれあい体験をつづった「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」を募集します。

1募集テーマ

(1)心の輪を広げる体験作文

出会い、ふれあい、心の輪-障がいのある人とない人との心のふれあい体験を広げよう-

(平成28年4月の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の施行に伴い、障がいのある人への差別をなくすことで、障がいのある人もない人も共に生きる社会をつくることについて書くことも可)

(2)障害者週間のポスター

障がいの有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現

(高齢者や子育て中の人なども含め、皆が互いの違いを認め、支え合う社会について描くことも可)

2募集期間

平成29年7月3日(月曜日)~平成29年9月4日(月曜日)

3応募資格

(1)心の輪を広げる体験作文

小学生以上(特別支援学校の小学部、中学部及び高等部の児童生徒を含む。)

(2)障害者週間のポスター

小学生及び中学生(特別支援学校の小学部及び中学部の児童生徒を含む。)

4応募方法

(1)心の輪を広げる体験作文

作文の題及び内容

作文の題は自由とし、内容は、障がいのある人とない人との心のふれあいの体験をつづったものとしてください。なお、応募作品は、未発表のもの1編に限ります。

募集の区分

募集は、小学生部門、中学生部門及び高校生・一般部門の3部門に区分して行います。

(2)障害者週間のポスター

用途

最優秀賞に選定した作品1点を内閣府が作成する「障害者週間のポスター」の原画として使用されます。

内容

内容は、障がい者に対する理解の促進等に資し、障がいのある人とない人の間の相互理解を促進するものとしてください。

募集区分

募集は、小学生部門及び中学生部門の2部門に区分して行います。

その他詳細や応募用紙などはこちらをご覧ください。→実施要領(PDF:253KB)

5選考・表彰等

(1)応募作品の中から各部門(作文は小学生部門、中学生部門、高校生・一般部門の3部門、ポスターは小学生部門、中学生部門の2部門)1編(点)が内閣府へ推薦されます。

(2)内閣府では、部門ごとにそれぞれ最優秀賞、優秀賞、佳作を選定し、受賞者には賞状及び表彰楯(佳作は表彰楯のみ)等が贈呈されます。

(3)入賞作品については、作品集が作成されるほか、内閣府ホームページ等への掲載により全国的な啓発広報に使用されます。

6応募先

〒380-8570(住所記入不要)長野県健康福祉部障がい者支援課

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部障がい者支援課

電話番号:026-235-7108

ファックス:026-234-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?