ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)11月プレスリリース資料 > 信州あいサポートフォーラム2017を12月14日(木曜日)に開催します

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

信州あいサポートフォーラム2017を12月14日(木曜日)に開催します

長野県(健康福祉部)プレスリリース平成29年(2017年)11月30日

長野県では、県民誰もがお互いに人格と個性を尊重し、共に支え合う「共生社会」を実現するため、様々な障がいを正しく理解し、障がいのある方へのちょっとした配慮を実践していただくサポーターを募集する「信州あいサポート運動」を展開しています。
あいサポートの輪を広げるため、誰もが暮らしやすい社会について考えるフォーラムを開催します。

1日時

平成29年12月14日(木曜日)開場12時00分開演13時00分から16時00分

2

長野市若里市民文化ホール(長野市若里3丁目22-2)

3

(1)基調講演「Weareシンセキ!Weareあいサポーター!」
レモンさん(山本シュウ氏)(ラジオDJ)
(2)パネルディスカッション「「共生社会の実現のために」~心のバリアフリー~」

<パネリスト>

井出今日我氏(身体障がい当事者)リングスペース設立、上田市中心に活躍中
山本悦夫(精神障がい当事者)ポプラの会代表、ピアサポーターとして活躍中
鷲塚輝久氏(医師/支援者)東口メンタルクリニック院長、NPO法人カシオペア代表
中村美恵子氏(相談員/支援者)せいしれん会長
小池靖秋氏(企業担当者)長野第一物流(株)で障がい者雇用を担当

<コーディネーター>

レモンさん(山本シュウ氏)

4参加申込み

別添チラシの参加申込書を長野県障がい者社会参加推進センターへお送りください。
なお、会場の席に空きがある場合は当日参加も可能ですので、お気軽にお立ち寄りください。

<「東京2020応援プログラム(街づくり)」について>

本フォーラムは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの機運醸成やレガシー創出につながるアクションとして、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会により認証されたプログラムです。
※会場内物品販売ブースの販売事業者及び販売商品については、「東京2020応援プログラム」とは関係ございません。


この取組は、しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)の施策推進の基本方針「2豊かさが実感できる暮らしの実現」に基づくものです。
しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中
担当部署 健康福祉部障がい者支援課社会生活係
担当者 (課長)守屋正造(担当)石川遼一
電話

026-235-7108(直通)

026-232-0111(代表)内線2397

ファックス 026-234-2369
メール shogai-shien@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?