ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

住宅用火災警報器

 住宅用火災警報器は、火災による煙をいち早く感知し火災の発生を知らせてくれるものです。
 住宅用火災警報器を設置することにより、万が一火災が発生した場合でも、素早く避難、通報ができるようになります。
 大切な生命や財産を火災から守るために、住宅用火災警報器を設置しましょう!

 消防法で、住宅には住宅用火災警報器の設置が義務付けられております。詳しくはお住まいの地域の消防本部・消防署にお問い合わせください。

住宅用火災警報器について

 詳しくは消防庁のホームページを御覧ください。
 ○住宅防火関係ウェブサイト(外部サイト) 
 ○住宅用火災警報機Q&A(外部サイト)

県内の設置状況

 長野県の住宅用火災警報器設置率の推計値(平成28年6月1日現在)

 プレスリリース(平成28年9月6日付け)(PDF:347KB)

 プレスリリース別紙(消防本部別設置率)(PDF:102KB) 

住宅用火災警報器の奏功事例 

以下は、実際に住宅用火災警報器が活躍した奏功事例です。

事例1

 

布団を収納する際に、タバコの火種が落下したのに気づかずたたんだため、布団に包まれた火種が無炎燃焼を継続し着火拡大したが、住宅用火災警報器が鳴動し初期に気づいたため部分焼で済んだ。

事例2

共同住宅に入居している女性が、子どもの弁当を作るため鍋に油を注ぎ、ガスコンロの火をつけたまま外出した。その後、天ぷら鍋に火が入り住宅用火災警報器が作動したため、2階に寝ていた子どもが警報音に気づき、初期消火と避難に成功し、大事にいたらなかった。

事例3

住宅火災において、寝室から離れた居間からの出火であったが、連動型火災警報器を設置していたおかげで就寝前に寝室で警報器が鳴動し火災に気づいた。同時に、離れにいた家人も火災を知り、初期消火を合同で試み失敗はしたが、無事避難できた。睡眠薬を常用する人もいたので、火災に気づくのが遅ければ、逃げ遅れていたかもしれなかった。

事例4

ガスコンロのグリルを使用し鶏肉を焼いていたが、その場を離れたため煙が上がり住宅用火災警報器が鳴動した。住宅用火災警報器の音に気づきグリルの火を止め、排煙したところ鳴動も止まった。住宅用火災警報器の鳴動により、早期に発見したために火災には至らずに済んだ。

事例5

天ぷらを揚げるため、鍋をガスコンロにかけ、火をつけたまま隣人と玄関で立ち話をしていたところ、住宅用火災警報器が鳴動し、確認したところ天ぷら鍋から火が上がっていた。隣家の消火器で消火し、小火で済んだ。

事例6

朝食の準備のため、ガスコンロに煮物の鍋をかけたまま忘れてしまい、鍋が焦げて居間の住宅用火災警報器が鳴動した。住宅用火災警報器の音に気がつき、早期の発見によりガスコンロの火を止めたため、鍋を焦がしただけで火災には至らなかった。

事例7

洗面所の電気ストーブに、キャスター付洗濯籠の上に置いてあった衣類等が落下し出火した。居住者は視覚障害があり、居間と座敷の住宅用火災警報器が鳴ったため周辺を手探りで確認し電気ストーブ付近が燃えているのを発見、119番通報及びバケツとシャワーにて初期消火を行った。隣近所に助けを求め消火器により消火に至った。

事例8

家人が天ぷらを揚げ終わった後、火を消し忘れ外出、通りかかった近所の方が住宅用火災警報器の様な音が聞こえ、家の中から煙の臭いが漂ってきたため、中を確認したところ煙のようなものが見えたので通報し出火を未然に防いだ。

事例9

家人が外出中に、タバコの火の不始末により居室より出火、住宅火災警報器の警報音に気づいた近隣住民及び通行人の初期消火により、コタツかけ布団を焼損したにとどめた。

事例10

共同住宅の2階の居住者が就寝中、住宅用火災警報器が発報した。煙はあるものの、自室からの出火ではないことを確認し、屋外に出たところ建物1階外壁の内部から白煙が出ているのを発見した。119番通報を行い、消火器で消火することが出来た。

ご注意ください!

【悪質な訪問販売に注意しましょう!】
 消防署が住宅用火災警報器を販売することはありません。不適切な価格・無理強い販売などを行う業者にご注意ください。
 住宅用火災警報器はお近くのホームセンターや電器店などで購入できます。ガス事業者からも購入が可能です。なお、価格は、メーカーや種類、機能等により異なります。

【住宅用火災警報器を点検しましょう!】
 きちんと作動するか定期的に点検しましょう。(年2回程度)
 故障か電池切れか分からないときは、取扱説明書を確認するかメーカーにお問い合わせください。なお、電池切れが判明したものや設置から10年以上経過したものは、内部の電子機器の劣化が進んでいるおそれがあるため、本体の交換をご検討ください。

▲このページのトップへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部消防課

電話番号:026-235-7182

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?