ホーム > 暮らし・環境 > 自然・水・大気 > 自然保護・再生 > 長野県希少野生動植物保護条例に係る指定希少野生動植物の写真について

ここから本文です。

更新日:2017年5月30日

長野県希少野生動植物保護条例に係る指定希少野生動植物の写真について

希少野生動植物は、長野県の自然環境の重要な構成要素の一つであり、県民共有の貴重な財産です。

県では、希少野生動植物のうち規制の必要な種として、指定希少野生動植物80種(うち特別指定希少野生動植物20種)を指定し、保護を図っております。

ここでは、指定希少野生動植物及び特別指定希少野生動植物はどのようなものか理解していただくために、指定種の写真を掲載しております。

(掲載写真については、無断転用を禁止します)

一部の人達の盗掘や踏み荒らしによる個体数の減少、開発行為等による生息・生育地の消失などにより、その存続が危ぶまれている種もありますので、理解していただき、保護や配慮等をお願いします。

※写真内の県カテゴリーについては、2014年及び2015年のレッドリスト改定時にランクアップしたものを赤字、ランクダウンしたものを青字で表示しています。
※無脊椎動物の写真については、一覧表のNo.12~19の写真の掲載はありませんのでご注意ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課

電話番号:026-235-7178

ファックス:026-235-7498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?