ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 自然保護課紹介 > みんなで信州の山岳を守ろう!キャンペーン実施結果

ここから本文です。

更新日:2016年8月5日

みんなで信州の山岳を守ろう!キャンペーン取組結果

 国民の祝日「山の日」が制定されることを契機に、登山者など山岳利用者の皆さんの協力により各山域で取り組む山岳環境の保全活動等を行うキャンペーンを実施し、信州発の環境保全モデルをつくり信州の美しい山岳をいつまでも引き継いでいきます。

 こちらのページではキャンペーンの実施結果を掲載します。

中央アルプス御岳県立公園

1 平成28年7月6日(土) 八方尾根 ネイチャーラベルの設置作業

 (1) 日程:平成28年7月6日(土)

 (2) 場所:八方尾根八方池山荘から八方池まで

 (3) 参加者:約50名

 (4) 内容

    こちらPDF版概要(PDF:430KB)をご覧ください。

  • これまでの活動…昨年まで毎年八方尾根自然環境保全協議会会員がネイチャーラベルの設置作業を実施。
  • 今年は…「みんなで信州の山岳を守ろう~山への恩返しプロジェクト~」キャンペーンをきっかけに一般参加者を集い、設置作業を実施。
  • ネイチャーラベルとは…八方尾根で咲く高山植物の写真と名前、開花時期などが書かれた看板。
  • 設置する理由は…登山者に八方尾根で咲く高山植物を知ってもらうことで、自然保護普及啓発につなげるため。    

 

八方尾根1

ネイチャーラベル

この中から好きなのを選んで

八方尾根3

ラベルに記載された植物を探しながら設置。

 

八方尾根4

作業終了後は特別に八方尾根の岩盤を形成する蛇紋岩の特性と関係のある植生について長野県環境保全研究所の大塚さんより自然解説。

  • 参加者からは、「知らない花も多かったので参加して勉強になった。」「観光客の人に教えるのに役に立ちそう」などの感想をいただきました。

2 平成28年7月16日 南木曽岳 登山者の協力による登山道整備の資材荷揚げ

 (1) 日程:平成28年7月16日(土) 

 (2) 場所:南木曽岳蘭(あららぎ)登山口から山頂

 (3) 参加者:登山者約50名(登山者の約8割参加)

 (4) 内容

    こちらPDF版概要(PDF:339KB)をご覧ください。

  • これまでの活動…地元の南木曽岳山士会により地道に清掃活動や登山道整備を行ってきました。昨年はその活動が日本山岳遺産基金の「日本山岳遺産」に認定され、資材の助成を受けました。
  • 今年は…「みんなで信州の山岳を守ろう~山への恩返しプロジェクト~」キャンペーンをきっかけに一般登山者に呼び掛け、資材の荷揚げに協力していただいた。
  • 資材の荷揚げ…登山口から角材を一人1本から多い人で6~7本持って山頂付近まで登山。

南木曽1

登山口で呼び掛け

南木曽2

登山者が資材を持って登山。

南木曽3

登山者に運んでいただいた資材で、南木曽山士会がはしごを架け替え

  • 地元の方は、登山者の協力により資材を運んでいただき、何日もかかる作業が短縮できたと、皆さんに感謝でいっぱいです。

3 平成28年7月24日 「信州 山の日」フェスタin原村において『信州の山岳を守ろう宣言』の署名を呼び掛け

 (1) 日程:平成28年7月24日(日)

 (2) 場所:原村八ヶ岳自然文化園

 (3) 参加者:約50名

 (4) 内容

    こちらPDF版概要(PDF:414KB)をご覧ください。

  • 「信州の山」に感謝し、山を守り、育て、活かしながら次世代に引き継ぐために考える機会である「信州 山の日」に、「信州の山岳を守ろう宣言」を実施。
  • 宣言の意義…県が策定した「山岳の環境保全と適正利用の方針」の具体的な取組を推進し、山岳利用者にマナーの向上と自然保護への意識づけをするため。
  • 宣言とは…登山用ストックの先端にキャップを付け、登山道の洗掘を防止することなど、動植物の保護などを内容を実践していただくためのもの。         

山の日1

「信州 山の日」開会式

山の日2

「信州の山岳を守ろう宣言」

山の日4

「信州の山岳を守ろう宣言」

 

「信州の山岳を守ろう宣言」内容

宣言の内容

 私たちは恵み豊かな山岳の自然環境を守り、次世代へ引き継ぐため、下記の一歩から実線することを誓います。

  •  私は、雪上以外で登山用ストックを使う場合は、先端部にキャップを付け登山道の洗掘を防止します。(外れにくいキャップを使用します。)
  • 私は、登山道(遊歩道)以外への立ち入りはしません。
  • 動植物を傷つけません。また、動植物や石などは持ち帰りはしません。
  • 私は、登山をする際は、安全に配慮した行動を心がけます。

 

守ろう宣言をしていただいた方には、キャンペーン用台紙に付いた登山バージョンの「アルクマ」ピンバッジをプレゼントしました。

アルクマピンバッジ

登山バージョンの「アルクマ」ピンバッジは、大好評です。

ピンバッジの付いた台紙は、今回の「みんなで信州の山岳を守ろう!」キャンペーン用にピンバッジを製作している有限会社 BIG WAVEさんの協力により作成していただきました。

登山バージョンの「アルクマ」ピンバッジは、大好評でした。下記のBIG WAVE さんのホームページからも購入できます。

協力:有限会社 BIG WAVEさん

http://www.pin-bigwave.jp/profile.html

http://blog.goo.ne.jp/pin-bigwave

 

4 平成28年7月29日~31日 「ヤマケイ涸沢フェスティバル2016」において『信州の山岳を守ろう宣言』の署名を呼び掛け

 (1) 日程:平成28年7月29日(金)~31日(日)

 (2) 場所:松本市上高地徳沢

 (3) 参加者:234名

 (4) 内容

    こちらPDF版概要(PDF:414KB)をご覧ください。

  • 「信州 山の日」フェスタに引き続き、「信州の山岳を守ろう宣言」を実施。
  • 宣言の意義…県が策定した「山岳の環境保全と適正利用の方針」の具体的な取組を推進し、山岳利用者にマナーの向上と自然保護への意識づけをするため。
  • 宣言とは…登山用ストックの先端にキャップを付け、登山道の洗掘を防止することなど、動植物の保護などを内容を実践していただくためのもの。

涸沢1

「涸沢フェスティバル」会場の様子

涸沢2

「信州の山岳を守ろう宣言」

涸沢3

「信州の山岳を守ろう宣言」

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課

電話番号:026-235-7178

ファックス:026-235-7498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?