ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 県内市町村の健全化判断比率等の状況(確報)をお知らせします

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

県内市町村の健全化判断比率等の状況(確報)をお知らせします

長野県(企画振興部)プレスリリース平成29年(2017年)11月30日

長野県内市町村等の平成28年度決算に基づく健全化判断比率等の状況(確報)は、次のとおりです。

※平成29年9月29日公表の速報値から各比率に異動はなく、早期健全化基準以上となった市町村、経営健全化基準以上となった公営企業会計はありませんでした。
  なお、「2 公営企業会計に係る資金不足比率」について、速報値から会計数が1会計増加しました。(諏訪市:水道温泉事業会計→水道事業会計、温泉事業会計)

1 健全化判断比率

(1) 実質赤字比率

実質赤字が生じた市町村はありませんでした。(全市町村「数値なし」)

(2) 連結実質赤字比率

連結実質赤字が生じた市町村はありませんでした。(全市町村「数値なし」)

(3) 実質公債費比率

全市町村が早期健全化基準(25%)を下回りました。
全市町村平均は6.0%となり、前年度より0.4ポイント減少しました。

(4) 将来負担比率

全市町村が早期健全化基準(350%)を下回りました。
全市町村平均は3.5%となり、前年度より5.2ポイント減少しました。

2 公営企業会計に係る資金不足比率

県内市町村、広域連合及び一部事務組合(長野県上伊那広域水道用水企業団を除く。)に設けられた公営企業会計(282会計)のうち、経営健全化基準(20%)以上の会計はありませんでした。

3 市町村別健全化判断比率の状況

プレスリリース資料 別紙1のとおり

4 公営企業会計別資金不足比率の状況

プレスリリース資料 別紙2のとおり

5 健全化判断比率等の概要

プレスリリース資料 別紙3のとおり

 

関連資料

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 企画振興部 市町村課 財政係
担当者 (課長)竹内善彦(係長)丸山正徳
(担当)宮脇諭、中島太一、前田雅幸
電話 026-235-7066(直通)

026-232-0111(代表)内線2113

ファックス 026-232-2557
メール

s-zaisei2@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?