ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 【長野県クラウドファンディング活用促進事業】「木曽の魅力を活かした地酒づくりに挑戦したい!」㈱湯川酒造店がクラウドファンディングを開始しました

ここから本文です。

更新日:2017年11月24日

【長野県クラウドファンディング活用促進事業】「木曽の魅力を活かした地酒づくりに挑戦したい!」㈱湯川酒造店がクラウドファンディングを開始しました

長野県(産業労働部)プレスリリース 平成29年(2017年)11月24日

長野県は「クラウドファンディング活用促進事業」により、クラウドファンディングを活用して、新たな商品・サービスの開発やファンづくりを行う事業者を支援しています。

今回、本事業で支援している㈱湯川酒造店が、伝統製法による純米大吟醸の製造に挑戦するため資金調達を開始しましたので、お知らせします。

※クラウドファンディング…WEBを介して不特定多数の人から事業資金を調達する仕組み。その性質から、事業のテストマーケティングやプロモーションにも活用されている。 

実行者  

㈱湯川酒造店(木祖村)

趣    旨    

㈱湯川酒造店は、慶安3年(1650年)創業の、長野県で2番目に古い老舗酒蔵です。今般、高い醸造技術を要する「生酛(きもと)仕込」による純米大吟醸の製造に挑戦するため、クラウドファンディングを実施します。

木曽のサワラを使った酛摺り桶を地元の桶職人に作っていただくことで木曽地域の伝統産業とも連携し、地域のブランド力向上も目指します。

資金用途   

生酛仕込に必要な道具の購入など

募集額   

800,000円

募集期限   

平成30年1月15日(月曜日)まで

出資額    

3,000円~/口

リターン   

出資者限定の「木曽路 生酛仕込 純米大吟醸」など

※出資金額に合わせてリターンを設定

事業掲載サイト

「Show Boat」:長野県信用組合・㈱ワンモア・㈱CREEKS 共同運営

(事業紹介HP)https://greenfunding.jp/showboat/projects/2015

(問合先)長野県信用組合経営支援部 TEL:026-233-5605


この取組は、しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)の政策推進の基本方針「1『貢献』と『自立』の経済構造への転換」に基づくものです。

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署

産業労働部 産業立地・経営支援課

創業・サービス産業振興室 サービス産業創出係

担当者 (室長)町田 直樹 (担当)中島 宏樹 
電話

026-235-7198(直通)

026-232-0111(代表) 内線2966 

ファックス 026-235-7496 
メール service@pref.nagano.lg.jp 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?