ここから本文です。

更新日:2017年2月7日

地消地産の推進

とは、“地域でする“モノやサービスを、できるだけ“地域で”しようという考え方です。
経済がグローバル化する中でも足腰の強い「地域経済づくり」を目指し、県内企業や各種団体をはじめ、県民の皆様と共に地域内で供給できるモノやサービスを、これまで以上に地域内で活用する「地消地産」の取り組みを進めます。  

下のバナーをクリックすると地消地産を推進するための主な事業がご覧いただけます。

 

1 しあわせ×2(buy)信州運動

地消地産推進の上で最も基本となる「県産品を積極的に購入しよう」という県民の機運の醸成を図ります。具体的には、加工産業における生産、加工、流通(販売)、消費の各ステージ別、観光産業におけるサービスの提供など、現場の実態や意見を踏まえた効果的な仕組みづくりを進めます。また、各主体と共に「オール信州」で「しあわせ×2(buy)信州運動」の具体的な仕組みを検討します。

2 平成28年度の取り組み

(1)信州農畜産物の活用拡大

県産農畜産物や加工食品の地消地産を拡大し、地域内経済循環を推進するため、ホテル・旅館等や、6次産業をはじめとする加工食品事業者のニーズに応える県産農畜産物の供給を促進します。

(2)信州の木自給圏の構築

生産から利用に係る様々な関係者が一体となり、現状分析と課題解決の方策検討を行い、地域の特徴を活かした木材資源の循環利用と地消地産の仕組みづくりを推進します。

(3)エネルギー自立地域の確立

消費エネルギーの大半は、海外から輸入される化石エネルギーであり、地域の富が域外に流出しているため、自然エネルギーの普及拡大と省エネルギーの促進によりエネルギー自立地域の確立をめざします。

3 県による県産品の優先調達 

地域内経済循環の拡大に向け、県が物品の購入・借入れを行うにあたり、優先的に県産品を調達する「しあわせ×2(buy)信州県産品利用促進制度」を新設し、率先して県産品の利用を図ります。

平成28年8月1日より県の施策推進のために認定、認証又は指定された物品を対象に制度の試行を開始しています。

 試行県産品については以下のファイルをご覧ください。

 しあわせ×2(buy)信州県産品利用促進制度の試行県産品に関する要綱(PDF:40KB)

 別表 1号県産品制度(PDF:32KB)

 ※1号県産品制度の各制度の詳細は別表リンク先の担当課(室)へお問い合わせください。

参考

平成28年度当初予算案のポイント(信州創生の新展開)(抜粋)(PDF:1,828KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部産業政策課産業戦略室

電話番号:026-235-7205 

ファックス:026-235-7496 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?