ここから本文です。

更新日:2017年8月2日

 

県教育委員会との協力連携に関する協定の締結について

公職選挙法等の一部改正により選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられたことに鑑み、長野県教育委員会と長野県選挙管理委員会は、長野県における主権者教育について協力、連携するため、6月24日(水曜日)に協定を締結しました。

1目的

長野県教育委員会と長野県選挙管理委員会が、各自の使命及び役割を尊重しながら、主権者教育に関して相互に協力、連携して取り組むことで、生徒の政治意識の向上と主体的な政治参加の促進に資することを目的とする。

2連携事項

1学校教育における「模擬投票」の実施に関すること。

2高等学校、特別支援学校高等部における選挙講座や選挙啓発等を行う「選挙出前授業」の実施に関すること。

3義務教育段階における選挙の意味や政治参加についての学習に関すること。

4その他本協定の目的を達成するために必要な事項に関すること。

 

3調印式の様子

調印式

左から長野県教育委員会伊藤教育長、長野県選挙管理委員会深沢委員長

協定書はこちら(PDF:343KB)です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会 

電話番号:026-235-7069

ファックス:026-232-2557

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?