ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 浄化槽 > 長野県の浄化槽について

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

長野県の浄化槽について

 浄化槽は、下水道未整備区内や集合処理が適さない人口がまばらな地区において、生活環境の改善を図ることを目的に、し尿と生活雑排水を処理するため、個人又は市町村が設置管理する汚水処理施設です。
 平成13年4月からは、し尿のみを処理する単独処理浄化槽の新設が禁止され、新設に当たっては合併処理浄化槽が義務付けられたことにより、浄化槽の恒久的汚水処理施設としての位置付けが明確化されました。
 県においては、平成元年度から合併処理浄化槽の設置に対する補助制度を設け、その普及に取り組んでいます。

長野県の浄化槽設置状況(PDF:214KB)

長野県の浄化槽整備事業の実施状況(PDF:156KB)

浄化槽設置整備事業(個人設置型)の推移(PDF:113KB)

浄化槽市町村整備推進事業(市町村設置型)の推移(PDF:61KB)

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部生活排水課

電話番号:026-235-7321

ファックス:026-235-7399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?