ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 長野県庁見学トップページ > 県庁見学こども記者体験 > みんなで楽しもう 長野県の文化芸術(こども記者体験)

ここから本文です。

更新日:2017年3月22日

みんなで楽しもう 長野県の文化芸術

みなさんは美術館に行ったことがありますか?コンサートや演劇(えんげき)を観に行ったことがありますか?
文化芸術って難しいなぁ、なんて思っていませんか?
長野県には、たくさんの美術館やコンサート等を行うホールがあるんです!
たとえば・・・

ホクト文化ホール(県民文化会館)

ホールであそぼ

ウィーン楽友会館姉妹提携

ホールとあそぼ!
~ダンスとスポーツ・語りと工作~のひろば

みなさんにホールを身近に感じてもらうため、月に2回くらいの割合で「ホールとあそぼ」というイベントを行っています。

「ボールを使って楽しく遊ぼう!」「おはなしの森であそんじゃおう!つくっちゃおう!」など、運動やダンス、読み聞かせ、工作など様々なプログラムを1年を通じて行っています。

 

ウィーン楽友会館との姉妹提携(しまいていけい)事業

昭和57年に県民文化会館とオーストリアのウィーン楽友会館との間で姉妹提携(しまいていけい)事業の調印(ちょういん)をしました。それ以降、ウィーンから一流の音楽家をまねいて、音楽のセミナーや演奏会を行っています。

 

※ホクト文化ホール(県民文化会館)は、平成30年1月から6月まで改修のため休館になります。

 

伊那文化会館

伊那文プラネタリウム

舞台裏たんけん隊

プラネタリウムで満天の星空体験!

1年を通じて季節の星空はもちろん、世界中の星空が体験できるほか、スクリーンでは、家では味わえない迫力の映像(えいぞう)を楽しむことができます。

 

 

舞台裏(ぶたいうら)の秘密(ひみつ)がいっぱい!

「舞台裏(ぶたいうら)たんけん隊」では、専門のスタッフがステージの裏側(うらがわ)を案内してくれます。次々に明かされる秘密(ひみつ)に子どもだけでなく、大人たちもワクワクドキドキ!

 ホールのしかけを知ることで、コンサートや演劇(えんげき)を観ることがいっそう楽しくなります。

 

 

キッセイ文化ホール(松本文化会館)

OMFコンサート(C)山田毅

しばふコンサート

世界的な音楽祭、「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」

日本を代表する世界的な指揮者(しきしゃ)の小澤征爾(おざわせいじ)総監督(そうかんとく)の呼びかけで、毎年8月・9月に、「サイトウ・キネン・オーケストラ」のメンバーが世界中から集まってコンサートを行っています。

 

 

青空の下で、「しばふコンサート」!

小さな子どもたちが家族といっしょに芝生(しばふ)の上でお昼を食べながら、音楽や読み聞かせなど気軽に楽しめるコンサートです。

内容は、小さな子ども向けですが、どなたでも参加していただけます。

 

信濃美術館(しなのびじゅつかん)

ワークショップ

東山魁夷館

 美術館を楽しもう!

 長野県信濃美術館(しなのびじゅつかん)は、善光寺のとなりにあるただ一つの県立美術館で、昭和41年に開館しました。

美術館では、「美術館に一度は行ってみたことがある」「美術館は面白いところ」をキーワードに、いろいろな展示やイベントを行っています。

 

東山魁夷館(ひがしやまかいいかん)のご紹介

東山魁夷館(ひがしやまかいいかん)は、長野県が、信州を愛した日本画家の東山魁夷さんから作品をいただいて、平成2年4月に開館しました。現在、東山魁夷さんの作品を960点余り持っており、およそ2か月に一度、作品を入れ替えて展示しています。

 

※東山魁夷館は平成29年6月から、信濃美術館(本館)は平成29年10月から改修のため休館になります。

 など、身近に、楽しく、芸術に触れられるんですよ! 
そんな長野県にある文化施設や、県の文化芸術の取組について知ってみませんか?

 

ページの先頭へ戻る

メニューに戻る

 

 

 

お問い合わせ

県民文化部文化政策課

電話番号:026-235-7282

ファックス:026-235-7284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?